体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昭和36年創業の老舗で「とんかつ」を食す!@『とんかつ にいむら 本店』新宿

nakamu-7_R

揚げ物大好きな筆者としては、美味しい「とんかつ」に勝る揚げ物は、世界中にもそう多くはないでしょう。
なかでも、

「天麩羅」&「とんかつ」

は、日本が世界に誇る食文化だと思っています。油を使って「揚げる」と言うフライ料理は世界中にありますが、この2つはそれらの頂点にあると思われます。

その日本の食文化を代表する「とんかつ」の名店、昭和36年創業『とんかつ にいむら 本店』を紹介します。

新宿にある「とんかつ」の名店

nakamu-1_R

そこで便利な無料アプリ『LINEグルメ予約』を使って『とんかつ にいむら 本店』に訪れてみました。

このアプリを使えば店の予約が簡単に出来るので便利です。『LINE』を使っている人は、是非一度試してみて下さい。

『とんかつ にいむら 本店』は新宿のど真ん中とも言えるロケーションにあり、店構えも立派なので、探すのも難しくありません。

ちなみに意外と「とんかつ」は外国人にも大人気で、特に中国人は基本的に「とんかつ」が大好きです。

下手に「日本らしい店を」と、「蕎麦屋さん」に案内するよりも、「とんかつ」を出す店に連れて行った方が良いと、以前、職場の方が言っていました。

確かに店のショーケースをまじまじと見ているのは、中国人観光客が多いような気がしますね。

中国にも美味しい料理は沢山あるのですが、やはり日本の「とんかつ」はきっと彼らも気になるメニューなのでしょう。

意外とリーズナブルな価格に驚き

nakamu-22_R

新宿であの店の規模ですから、それなりに「お高いイメージ」でしたが、実際に訪れてメニューを見てみると、思ったよりも庶民的な価格に驚きました。

「とんかつ」の名店、それも新宿で一番の老舗なので、もっと高いのかなと思っていたのですが、筆者の予想は良い意味で外れました。

例えば『カツ丼ランチ』(880円)、『ロースかつランチ』(930円)など千円以下のランチもあります。

これはきっと初代の思いを大事にして、今も「お客さん第一主義」で営業しているからかと思われます。

「お客様に満足して頂く事を第一に考える」

このような方針の店は「名店」と呼ばれる立派な店が多いですね。『とんかつ にいむら 本店』の場合、随所にその思想が見て取れます。

「御飯とキャベツのお替わり自由」

などは、もっとも分かりやすいと思います。他にも接客や「お茶」などのサービスも細かく丁寧で好印象です。

お客さんがアルコールを飲んでいる時は、御飯を出すタイミングを聞いて来たり、テーブルの上の「お茶」が減ると素早く継ぎ足してくれるなど、文句の付け所がありません。

『ヒレ・メンチランチ』を食す!

nakamu-4_R

冷えた「緑茶」を頂きながらメニューを見て考えます。

色々と食べて見たいのですが、やはり『とんかつ にいむら 本店』のベーシックスタンダードを知りたかったので、メニューでも勧められている

『ヒレ・メンチランチ』(1230円)

にしてみました。「ヒレかつ」は勿論ですが、個人的には「メンチカツ」が気になったので、ココはこれで正解かと思います。

nakamu-11_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。