体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座にある「小さな沖縄」で本物の沖縄料理を愉しむ@『リトル沖縄』 銀座

oki-3_R

今回は銀座にある沖縄料理の店『リトル沖縄』を紹介してみましょう。なんでも銀座にありながら、本物の沖縄料理と泡盛の「古酒」が楽しめる店との噂…。

最近、微妙に沖縄料理が気になる筆者としては、これは行くしかないでしょう。

銀座にある人気の沖縄料理店

oki-26_R

『リトル沖縄』は19時くらいになると満席になる事があるらしく、訪れる人の半数以上が電話で確認してから訪れているようでした。

筆者も確実に取材したかったので『LINEグルメ予約』で予約してから訪れましたが、帰る頃にはほぼ満席になっていました。

人気がある『リトル沖縄』は予約してから訪れた方が安心ですので、予定が決まったら『LINEグルメ予約』で予約しておきましょう。

『オリオンビール』の樽生が飲める店

oki-20_R

夏と言えばビールが特に美味しい季節ですよね。そして季節に関係なく最初の一杯は、喉越しを重視してビールを飲みたい筆者です。と、言う訳で最初の一杯目は

『オリオンビール(樽生)』

暑いと言えば沖縄、沖縄と言えば『オリオンビール』です。まず、この沖縄を代表する『オリオンビール』が樽(生ビール)で飲めるのは嬉しいですよね。

『リトル沖縄』の沖縄度を調べてみた

oki-27_R

最近「沖縄料理」が気になり、ちょいちょい沖縄料理を出す居酒屋に行くようになり、気がついたら沖縄の『フーチャンプルー』の魅力に取り憑かれ、いつの間にか6千円分の「沖縄の麩」を買ってしまい、沖縄から航空便で段ボールが3箱届いた筆者です。

はっきり言って沖縄にはちょっとうるさいです。

と、言う訳で「にわか沖縄マニア」を代表して厳しい目で『リトル沖縄』をチェックしてみました。

まず『オリオンビール』の樽生があるのは合格です。

調味料をチェック!

oki-28_R

まず備え付けの調味料を見てみましょう。必ず「コーレーグース」があるはずです。

「コーレーグース」とは、沖縄の「島とうがらし」を泡盛に漬けた万能調味料で、まず沖縄料理には欠かせない存在です。

oki-19_R

さらに『リトル沖縄』には「ヒバーチ」と言う「島コショウ」が置いてあります。これは、かなり沖縄度が高いアイテムですね。

守り神である「シーサー」に注目!

oki-29_R
1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会