ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

慶應SFC カンニング防止のため時計持ち込みを禁じる意図は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 慶應大学が定期試験のカンニング防止にユニークな対策を打ち出してきた。それは極端な対策なのか、時代の先取りなのか。コラムニストのオバタカズユキ氏が考える。

 * * *
 小さいが気になるニュースがあった。慶應義塾大学が今学期の定期試験から、「すべての時計」の持ち込みを禁止することにしたという。同大学の該当サイトにはこうあった。

〈2015年度春学期定期試験より、すべての時計(腕時計・置時計・ウェアラブルウォッチなど)の持ち込みを不可とします。受験生への注意事項を確認してください。なお、試験教室には時刻確認のための時計を表示します〉

 そして、「受験生への注意事項」にはこう書いてある。

〈持込条件が全て可であっても、すべての時計(腕時計・置時計・ウェアラブルウォッチなど)の持ち込みは不可とします。また、ウェアラブルデバイス・携帯電話・PHS・PC・電子辞書等、通信の手段となるものは全て持ち込みができません。電源を切り、かばんなどに入れて机の下に置いてください。 試験中に携帯電話・PHS等が鳴った場合、監督者が一時預かります。不正行為とみなされますので注意してください〉

 要するに、いわゆる「スマートウオッチ」を使ったカンニング防止策として、それと見紛う可能性のある「すべての時計」を持って来るなというわけだ。ネット上では、「なんですべての時計なんだよ」と呆れる声が多数派。ほとんどの学生は「スマートウオッチ」ではない普通の腕時計を使用しているので、この大学の対策は強引に感じるだろう。

 ただ、なるほどと思う部分もある。その一つは上記のお触れを出したのが慶應大学の中でも総合政策学部と環境情報学部だけ、つまりSFC(湘南藤沢キャンパス)ローカルの新ルールだということだ。SFCとは何か。わざわざ説明するまでもないだろうが、公式サイトでは「極端のススメ」と題して次のように自己紹介している。

〈多様で複雑な社会に対してテクノロジー、サイエンス、デザイン、ポリシーを連関させながら問題解決をはかる。そのために設立されたのが慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)です。既存の学問分野を解体し、実践を通して21世紀の実学を作り上げることが私たちの目標です〉

 続けて、福澤諭吉の『福翁自伝』から、以下の文面を引いている。

〈” 事をなすに極端を想像す ”
「元来私が家におり世に処するの法を一括して、手短に申せば、すべて事の極端を想像して覚悟を定め、マサカのときに狼狽せぬように後悔せぬようにとばかり考えています。」〉

 そう、ITと語学教育に力を入れた脱工業化社会志向の高等教育機関として1990年に開設したSFCは、時代の先端を走ることに熱中するだけでなく、〈マサカのときに狼狽せぬように後悔せぬよう〉に〈すべて事の極端を想像して覚悟を定め〉ているのだ。

 だからこそ、流行り始めの「スマートウオッチ」にも危機感を覚えたのだろう。現段階では、試験のカンニングにどれだけ使えるか微妙な性能でも、こうしたウェアラブルデバイスはどんどん進化する。他の誰かとの通信が可能なだけでなく、ネット上の無限の情報から必要なぶんだけを瞬時に引き出せるようになる。腕に巻くタイプではなく、耳栓型になれば髪の毛で隠すこともできるし、入れ歯型で囁き声を認識するようなものになったら、試験監督が持ち物チェックをしたって見つからない。

 カンニングの視点から考えると、ウェアラブルデバイスの可能性はどこまでもリアルに広がるのだ。テクノロジーの進化は止まらない。ゆえに、そこから派生する諸問題にどう対処すべきかを今こそ考えねばならない。

 SFCはマサカのときに塾生諸君が狼狽せぬよう、逆転のアナログ思考で教えを説くことにした。そのココロは、「スマートウオッチ」の段階で「すべての時計」の持ち込み禁止になる理不尽をもってして、最新テクノロジーと人類の共存の壁を体感しなさい……というのはウソだが、ITに強い最先端大学であるからこそ、その危うさの察知も早かったとはいえるだろう。

 このニュースは、また別の観点から思いをめぐらすと、冗談ではなく、深いなあと感じるところがある。ウェアラブルデバイスが進化すればするほど、人は情報を記憶せずともその場で引き出せるようになれるわけだ。例えばそれは、腕時計型であろうが、耳栓や入れ歯型であろうが、いずれノートパソコン並みの情報端末になりえるということである。

 そうなりえたなら、学生諸君はもう、わざわざ大変な思いをして暗記勉強に励まなくてもいいのではないか。ちょっと分からない部分はウェアラブルデバイスに尋ねることにして、試験はその活用能力を測るものと位置付けてもそんなにおかしくはないのではないか。

 いや、これに関しては、面白半分に極端を述べているのではない。現に、社会に出たらホワイトカラーの多くは、始終、ノートPCやタブレットやスマホなどを持ち歩き、仕事に必要な情報の多くをそうした端末を介してクラウドの世界から出し入れしている。いまや仕事のできる/できないの少なくない部分は、IT活用能力の有無に近いのだ。だったら、実学を重んじる慶應大学こそが、通信の手段となるものも全部OKな、文字通りの「持ち込み条件が全て可」の試験を実施すべきではないのか。

 知らないこと、分からないことは、インターネットで調べればいい。試験で問われるのは、その調査スピードだったり、調査の深さだったりする。限られた時間内に高度な調べものをするには、実は、相応の情報(知識)が頭の中に収まっていて、それらの出し入れに慣れている必要がある。そこが問われる試験においては、もう「カンニング」という概念すら消滅する。

 そうした試験は、おそらく単純な○×で採点できるような解答を求めない。論文の採点のようなものばかりになり、実施する側の負担が大きくなりすぎる懸念はある。だが、そこもいずれは新しいテクノロジーを使った自動採点ツールの登場で、なんの問題もなくなる。

 そればかりか大学の講義の大半も、膨大なデータベースから学生一人一人が自分に見合った水準の内容を学ぶ、大学受験予備校のeラーニングシステムと近いものに置き換わる。プレゼンテーションやフィールドワークなど、リアルがどうしても必要な学習以外は教員要らず、場所要らずになる。文系学部はほとんどそうだ。

 おかげで少子化による大学経営危機は、人件費の削減で回避される。大学教員職はまさに大学受験予備校の人気講師のように、中身と芸を兼ね備えた者だけが生き残る仕事に変わる。

 以上は、もちろん勝手な妄想だ。が、そのように大学教育がコンピュータに奪われるのは勘弁だから、時代の最先端を走る慶應SFCはマサカに備えて極端にITを排除する反時代的なカンニング防止策を打ち出したのだ。という理屈が、そんなにひどい屁理屈でもないように思えるのが、このニュースの不気味なところである。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大震災の地震発生時の14時46分を指した時計 保存される意向
1969年の東大入試中止事件 東大目指す現役受験生の進路は?
名門大学がないドイツの人材が優秀な理由を大前研一氏が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP