体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冲方丁が自作小説で声優デビュー!?――オーディオブック版『天地明察』爆笑対談(後編)

冲方丁が自作小説で声優デビュー!?――オーディオブック版『天地明察』爆笑対談(後編) 冲方丁が自作小説で声優デビュー!?――オーディオブック版『天地明察』爆笑対談(後編)

 江戸時代初期の囲碁棋士であり、天文暦学者・渋川春海の半生を描いた冲方丁さんの長編小説『天地明察』(角川書店/刊、2009年刊行)は、第31回吉川英治文学新人賞をはじめ、第7回本屋大賞、2011大学読書人大賞、第7回北東文芸賞、第4回舟橋聖一文学賞とさまざまな文学賞に選出され、その後映画化もなされるなど、大きな注目を集めた。

 そして2015年、本作が豪華キャスティングによりオーディオブックとなって帰ってきた
 渋川春海役を『FAIRY TAIL』ガジル役などで知られる羽多野渉さん、えん役を『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』平塚静役などで活躍中の柚木涼香さんが演じる。さらに、裏情報では作者の冲方さんも声優として登場しているとか…。
 今回、新刊JPでは『天地明察』オーディオブック版について、作者の冲方丁さんと主演の羽多野渉さんの対談を企画! 「渋川春海」「ライバル」「オーディオブック」「これから挑戦したいこと」という4つのテーマでお話をうかがった! 後編となる今回は「オーディオブック」「これから挑戦したいこと」について語ってもらっている。
(司会・構成:金井元貴)

前編:冲方丁「書店にある本は全部商売敵」!?はこちら

○オーディオブックについて――「まさに新しいメディアになっている」(冲方)

司会:ここからは「オーディオブック」というテーマでお話をうかがいたく思います。これまでご自身の作品でさまざまなメディアミックスを展開されてきましたが、冲方先生はこの「オーディオブック」に対してどのような印象をお持ちですか? また、このオーディオブック版『天地明察』に声優としてご出演されていますが、そちらについてもご感想をお願いします。

冲方:声優って、そんなたいそうなもんじゃないです(笑)!

羽多野:いやいや、業界騒然ですよ(笑)!

冲方:誰にも言っていませんから。ちらっと、知り合いの音響監督にコツを聞いたのですが、(何をやるのか)聞き返されそうになったのでシラを切りました(笑)。今日この対談の前に収録をしたのですが、胃が痛かったですよ(笑)。
でも、オーディオブックって実は物語を伝える文化としては小説よりも古いんです。琵琶法師の時代から講談形で親しまれてきました。書いて読むということが当たり前になったのはここ100年くらいの話で、もともとは耳で聞くということが基本だったんです。そういう意味では、テクノロジーを使って音声を収録し、ダウンロードで分配できるというオーディオブックは、本来の形をそのまま進めたものかもしれません。
音声にすることで聴きやすいように言葉遣いも変わる。そういう風にして書き言葉と話し言葉の違いがうまく回転していくと、日本語自体が洗練されていくのかなと感じました。だから、この作品は若い方に聞いて欲しいと思いましたね。

羽多野:収録中は頭の中で(物語の)絵が作りにくかったところがあったのですが、アナウンサーの方が読まれた地の文の音声を聞かせていただいたときに、すごく温かみがあって、立体的な感じがしたんです。声優は感情を込めて読むことが多いですけれど、アナウンサーさんはそこに書かれている事実を淡々と語ります。それが対比になっているのが新鮮でした。また、音楽もつけていただいているので、音声だけなのに奥行きがある世界を味わえると思いましたね。

冲方:まさに新しいメディアになっていますよね。音声でこんなに手間をかける作品はなかなかないですよ(笑)

羽多野:声優陣も本当にそうそうたるメンバーが揃っています。高齢の登場人物が多いので、僕が所属している声優事務所(81プロデュース)の大ベテランの先輩方が楽しそうに演じていらっしゃるんです(笑)。水戸光圀であったり、保科正之であったり、皆さん生き生きと演じていらっしゃっていて、先輩方に背中を強く押していただいているような感じで春海を演じることができました。

冲方:そう考えると、羽多野さんは完全に春海と同じ立場にいるんだ。

羽多野:そうなんですよ(笑)! 道策は事務所の今もう急上昇中の若手が演じていますし、関は尊敬してやまない先輩が演じていらっしゃいます。収録前からどんな感じになるのか想像していましたけど、それを上回るものがありましたね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。