ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会議のスケジューリングに!空き時間をさくっと調整する「TIMESHARE」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
timeshare_1

日頃の業務で、微妙に煩わしいのが、会議のスケジューリング。

社内だけならまだしも、外部の人を交えるとなると、メールや電話で確認するなど、手間は倍増する。

そんなとき、効力を発揮するのが、この「TIMESHARE」だ。

Googleカレンダーとの同期によって、プライバシーを守りながら、空き時間だけを共有することができる、新たな視点の予定調整サービスである。

・カレンダー上で手軽に予定調整

timeshare_2

例えば、社内外の関係者が集まる企画会議の予定を組む場合。まずは、本サービスのサイトに、Googleアカウントを使って、ログインする。

次に、同期するカレンダー(Googleカレンダー)を設定。カレンダー上に、空き時間が表示されるので、それを見ながら予定調整を行う。

予定は他人には開示されず、自分の指定した空き時間のみが公開されるので、他のスケジュールを知られる心配もない。

必要であれば、相手に時間調整の依頼を送る。対象となる相手がログインすると、画面に調整依頼と、自分の空き時間が表示される仕組みだ。

調整が済んだら、あとは提案日時を決定するだけ。時間も手間もかけず、さくっとスケジューリングできるから、非常に楽である。

・長期的なプロジェクトチームのスケジューリングに最適

ちなみに一度、関係者間で予定調整ページを作成すると、その後は、“共通の空き時間”が継続的にアップデートされるのだという。プロジェクトチームなど、継続的なスケジューリングが必要な際は、特に便利だ。

「TIMESHARE」は現在、β版でサービスを提供中。利用は無料。今後は、他の主要なカレンダーサービスにも、順次対応していく予定だ。

TIMESHARE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。