ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】“食”にまつわる疑問を解決!新感覚Q&Aアプリ「FoodQ」を探る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“食”は、人間が生きる上で、必要不可欠なもの。

それにも関わらず、栄養価や安全性、生産方法など、実は知らないことだらけだったりする。

そこで利用したいのが、「FoodQ(フードキュー)」だ。

素朴な疑問から、専門的なことまで、“食”のことなら、何でも答えてくれる、Q&Aアプリ。

気になるその中身について、プラネット・テーブル、CEOの菊池 紳(きくち しん)氏と、メディア部門チーフ/FoodQ編集長の高良 沙葵(たから さき)氏が、語ってくれた。(写真:向かって左が菊池氏、右が高良氏)

・本当の情報を提供する“食”の総合プラットフォーム

Q1:「FoodQ」提供のきっかけについて、お聞かせください。

(高良氏)私たちの暮らしの中で、“食”は身近な存在です。

しかし、食べ物の生産や流通のこと、安全性のこと、栄養や効果のことなど、実は、知っているようで知らないことばかりです。

食育や食による健康維持・増進が、産業としても注目されていますが、インターネットで調べてみてもいまだに、専門家等から見れば間違っているか、断片的・一方的な情報が、驚くほどあふれています。

「本当の情報を得たい」という要望に、手軽に応える環境を提供したい。そんな思いから、「FoodQ」は生まれました。

Q2:サービスの内容について、教えてください。

(菊池氏)広く“食”に関することなら、素朴な疑問から、ちょっと専門的なことまで、何でも自由に投稿できます。

ユーザー同士の積極的な情報交換だけでなく、生産者や栄養士、研究者からも、答えやヒントがもらえるよう、専門家の方のご登録も、促進しています。

今後は、食の専門メディアとして、ニュース・情報提供等のサービスも、予定しています。

・社会の根幹となる“食”について深く知る人を増やしたい

Q3:現在はβ版だそうですが、正式版リリースはいつ頃でしょうか。それまでの展開と併せて、教えてください。

(菊池氏)現在は、android搭載スマホ向けのβ(試験・検証)版で、ユーザーの皆さまから、改善・追加すべき機能に関して、フィードバックをいただいているところです。

正式版のリリースは、今年8月中を予定しています。また、iOS対応へのリクエストを、大変多くいただいており、今秋にはiOS版及び、ウェブ版のリリースができるよう、開発に力を入れています。

利用・回答にかかるポイント制度や、ニュースやコラムの配信機能に関しては、年内リリースを予定しています。

Q4:御社が「FoodQ」を通して、社会に発信したいメッセージとは、何でしょうか。

(菊池氏)弊社は、“食べ物の流通・情報プラットフォーム”を構築する、スタート・アップです。

食べ物は、人を健康や幸せにしたり、争いや不幸を呼んだりもする、社会の根幹となる存在です。

(だからこそ)私たちは、もっと食べ物について深く知る人を増やし、よりよい人と食べ物の関係を、作ることを使命にしています。

そして、「FoodQ」を、“食“に関心を持ち、よりよい“食“の世界作りに取り組むすべての人にとって、なくてはならない“知恵・情報共有プラットフォーム”に、成長させていきたい、と思っています。

FoodQ(フードキュー)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP