ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解説!なぜ、この画像が「マリリン・モンロー」に見えるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この動画の人物、誰に見えるでしょう? きっと、アルベルト・アインシュタインだと言う人が多いのではないでしょうか。でも、実はある条件によってマリリン・モンローにも見えてしまうんです。

メガネをかけている人は外して見てください。視力のいい人は目を細めて見てみるか、下の画像をチェック。
画像が小さくなっていくにつれて…。

記事冒頭にある、サイエンス系YouTubeチャンネル「AsapSCIENCE」の動画では、この原理が詳しく解説されています。

ここで使用されているのは2種類の画像を掛けあわせた合成写真です。

まず、モンローの画像にぼやけた加工を施します。

一方、アインシュタインのものは、輪郭だけを抽出。

この2つの画像を掛け合わせると、以下のような状態になります。

人間の目は入ってくる情報を元に、何が写っているのかを認識しています。以下の画像では、細かな線がハッキリと見えているため、アインシュタインであることがわかります。

情報の認識はそのコントラストによって全体のバランスに集中するか、細かな線などの細部に集中するかで認識が変わるもの。
画像がアップで表示されている場合、細部が見えることで、髭の細かな違いや目元のシワまで細かく認識することが出来ます。しかし、これがだんだん遠ざかり、ぼやけていくと、口と鼻と髪型のバランスなど全体像を認識するため、モンローの顔に見えるというのが、カラクリです。

もしもこれが「アインシュタイン」に見えたなら、少し目が疲れているのかも!

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE

関連記事リンク(外部サイト)

倫理的な問題も・・・「サルの頭部移植手術」が実施へ
「帰り道」のほうが早く感じるのはナゼか?オランダの大学による研究結果
NASAの探索機が9年半かけて「冥王星」に到達。その写真に写っていたのは・・・?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP