ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載】TRiPORT編集部が心の国境を越えてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「きっと人種差別や偏見は私たちが生きている間になくなることはないでしょう。しかし、一人一人の小さな心の壁を越えることが、その大きな壁を越える一歩になるはずです。世界に1つでも多くの『つながり』を。」(TRiPORT)

一人一人の小さな心の壁を越え、世界に1つでも多くの『つながり』を作り、様々な偏見をなくすことをテーマとしたリレー形式のインタビュー連載。第1回目にTRiPORT編集部が越える心の壁は「モルモット」です!

編集部の八木さんは小さい頃、幼稚園のみんなで動物園へ遠足に行きました。そこでクラスのいたずら男子にモルモットの糞を擦り付けられたことがきっかけで「モルモット恐怖症」に。つぶらな瞳と、ひくひくと動く鼻がなんともかわいいモルモット。しかし、八木さんはその当時からモルモットが嫌いになってしまったそうです。

さっそく動物園へ!


そこで今回は、その苦手意識を克服するために、動物園にやってきました。さわやかな初夏の日が差し込む中、心のなしか八木さんの顔色は悪く、少し震えているよう気がします。

冷静を装いながら動物園の看板を見つめています。ここまで来たのにもかかわらず、「すごい立派な看板だよね。もうちょっと見つめていたいな…」、「もしかしたら家の電気つけっぱなしで来ちゃったかもしれない…」など、時間稼ぎを開始。「ここで帰ったら電車代、経費で落ちませんよ」という編集部メンバーの一言で、やっと入園を決意しました。

モルモット登場!

園内に入り、モルモット触れ合いコーナーに到着。そこにはかわいいモルモットたちがたくさん。

なかなか近づけない八木さん。モルモットに見つめられて、完全にビビっています。

この触れ合いコーナーで、ここまで嫌な顔をしている人は歴代をあわせても上位にランクインするのではないでしょうか。数学のテストで先生が最後に出してくる学年に2~3人しか正解できないような超難解問題に挑戦しているときくらい難しい顔をしています。

思い切ってタッチ! さぁ心の壁を越えましょう! 苦手意識を克服しましょう!

どうですか…?

「あれ? モルモットってこんなに優しい毛並みだったんですね。何だか久しぶりに田舎の祖母に会ったような優しさが溢れた『おかえり』が聞こえてきます」

モルモット、怖いですか…?

「さっきまではめっちゃ怖かったですよ。たくさんいるし…。でも一回触っちゃえば意外と大丈夫ですね。完全に食わず嫌いってやつでした。いや、食べないですけどね。あ、そういえば以前ペルーに行ったとき、食べましたね。食べてました(笑)」

見事「モルモットは怖い」というイメージを払拭し、小さな心の壁を越えることができました! 次回は東京Hackさんにこのバトンが引き継がれる予定です。固定観念を超えて、新たな魅力や価値観を「TRiPORT」と一緒に探してみませんか?

(取材・文:TRiPORT編集部 写真:赤崎えいか)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。