ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北別府学氏 セは新4番新井の固定と黒田効果で広島1位と予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球2015年シーズンも折り返しだが、セ・リーグで勝率5割に達しているのは1位の横浜DeNAベイスターズのみ。専門家も含めて開幕前の予想は大きく裏切られる途中経過となっている。広島カープOBで野球評論家の北別府学氏に、後半戦を前にあらためて「修正順位予想」をお願いした。

●開幕前予想
【1位】広島、【2位】巨人、【3位】阪神、【4位】横浜・ヤクルト・中日

●修正順位予想
修正なし

 * * *
 まだ途中ですから私は予想は修正しません。広島が1位です(キッパリ)。

 セにとって交流戦が鬼門なのは毎年のこと。パは巨人と横浜にエース級をぶつけてきましたね。その結果、下位にいたが地力のあった阪神、広島が5割に復帰できた。上位チームには面白くないでしょうが、下位チームには幸運でした。

 おかげで前半、投打が噛み合わなかった広島はまたスタートラインに立てた。新井貴浩という新4番が固定されて、エルドレッドとシアーホルツの両外国人も機能し始めた。開幕前、旋風を巻き起こした黒田博樹も6勝を挙げる活躍。野球に取り組む姿勢は若手の範となっているし、「黒田効果」は抜群です。広島は後半戦、優勝争いに食い込んでくると思いますよ。

 その広島と上位を争うのは巨人と阪神でしょうが、いずれも決め手に欠け、怖い存在ではありません。

 今年の巨人には爆発的打撃力がない上、投手陣も揃っていない。阪神もやはり投手陣の調子次第という面が強い。

 前半に突っ走った横浜は選手に経験がないため失速した。ただ上位をいじめるという意味では、後半戦も台風の目になると思う。広島は昨年、一昨年の実績がある。5割ラインを超えれば突っ走ると期待しています。

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金村義明氏がセ予想を巨人1位に変更 中日は修正後も最下位
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗
広島優勝巨人2位を予想する片岡篤史氏 「セは捕手に注目」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP