ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『HERO』出演の吉田羊 年齢非公表と芸人NGの共通理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、自他共に認める「ヒツジスト」の山田氏が吉田羊本人に結婚観を直撃。

 * * *
 7月18日(土)に全国公開される映画『HERO』のキャストの一人、検事の馬場礼子こと吉田羊さんに『女性セブン』本誌でインタビューする機会に恵まれた。

 彼女のことを『傍聴マニア09~裁判長!ここは懲役4年でどうすか~』(読売テレビ・日本テレビ系)で発見して以来、ずっと応援していた私。くしくも『傍聴~』でも彼女はマニアたちに「ビューティ星川」と呼ばれる検事役だった。

 そんな彼女がEXILEの眞木大輔主演の『町医者ジャンボ!!』(同)に看護師役で出演していた2013年、『女性セブン』でオファーをし、インタビューが実現。場所は小学館の控室。舞台女優だった彼女を映像の世界へと誘った女性マネジャーと二人、メイクさんもスタイリストさんも付かず、私服で来てくれたのを昨日のことのように覚えている。

 聞けば、全話に出演した最初のドラマが『町医者~』だったのだとか。それからの女優・吉田羊の活躍は、みなさんも“年表”に書けるほどだろう。

 今年は『脳内ポイズンベリー』『ビリギャル』から『HERO』まで映画が5本。CMもポカリスエット、S&Bゴールデンカレー、トヨタホームなど新たに5社。連続ドラマは掛け持ちで切れ目なくあるのに加え、バラエティーでも確実に爪痕を残す彼女は、番宣やPRで必ず“御指名”がかかるのである。

 年内は休みがゼロであることが決まっているといい、お風呂が「バランス窯」の古いタイプのマンションから引っ越す暇もないという。

 そんな吉田とマネジャーは、ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の初回オンエアのオープニング映像を共に自宅で見て、号泣しあったという。二人三脚で苦労に苦労を重ねた末、月9で木村拓哉や北川景子、小日向文世、八嶋智人らと、おなじみのテーマソングにのって闊歩する、あのシーンだ。

 吉田は、「『HERO』は宝物」といい、「その位置づけは、この先も変わらない」と言い切った。

 世のヒツジストたちが彼女のファンになったのは、早い人では、朝ドラの『瞳』(これは、中井貴一と同じ)だったり、同じく朝ドラの『純と愛』、あるいは件の『町医者ジャンボ!』だったりするのだろう。私のように『傍聴マニア~』からの人も多いと思う。

 だが、吉田羊の名前と顔を全国に広めてくれた最大のドラマはやはり『HERO』。映画の現場に戻ってきても、木村座長とレギュラー陣との芝居は、彼女にとって、とても心地よいものだったそうだ。

 そんな吉田羊は、先ごろ、「納豆クイーン」に選出され、「事務所に飾られる初トロフィーが、納豆クイーン」と言って取材陣を笑わせた。

 リポーターから結婚について聞かれ、「一度はしたい」と言っていたので、私も今回、彼女に結婚のことを聞いてみた。

「確実に恋愛対象から外れていることは実感しているので、自分の好みのタイプというよりは、気持ちがあって、本当に穏やかな時間を過ごすことを良しとしてくれる人がいれば…」と理想を語った吉田。

 私はバラエティー班の放送作家ゆえ、お笑いの現場でもハマッている吉田に、「お笑い芸人とか、どうですか?」と聞いてみた。彼女は、MCを務める『オモクリ監督~O-Creator’s TV show~』(フジテレビ系)で、ビートたけし、千原ジュニア、バカリズムら、魅力的な芸人と共演しているからだ。すると、「それは、ちょっと…」という。理由を聞くと「ネタにされてしまう」というのである。

「役に見えなくなってしまいますよね。ある程度、ミステリアスな部分は残しておきたい。全部が全部、ネタとしてさらけ出されてしまうと、ちょっと…」と。

 吉田羊が、同じ理由で年齢を「非公表」にしているのは有名だ。

 演じることが大好きで、演じることが大好きな俳優や女優をリスペクトしている吉田羊。

 やっぱり私は、この女優さんが大好きだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
吉田羊の素顔 志村けんも驚愕の酒豪、カラオケは『地上の星』
吉田羊 紛失した携帯電話がスタジオのゴミ箱で発見される
ギョーカイでも「ヒツジスト」急増 女優・吉田羊の底力とは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。