ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英ケンブリッジ大学が、本気で「LEGO教授」を募集中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMorenike Adebayo氏が伝えています。デンマーク生まれの極彩色の四角いブロック、あのLEGOですよ。

世界で4番目に古く、教育水準の高さでも知られるイギリスのケンブリッジ大学。新たに、同大学の教員名簿には「LEGO教授」を追加されました。

志願者は、必ずしもLEGOのエキスパートである必要はないようです。子どもの学習と発育に焦点をあて、この玩具を使って遊ぶことが、新たな教授に求められる要素。子どもの学習体験に遊びがどう影響を与えていくかを、学問として研究していくことになります。

同大学は、2015年10月から「子どもの学習における遊びの役割」を研究する部門として、LEGO研究機関を開設予定。大学側の公式発表によると、LEGO財団から寄付金として400万ポンド(約7億8,000万円)を受け取った後、教育学部内に新設が予定されています。
LEGO財団は、LEGO社の関連団体のひとつ。遊びを通した教育事業に対して、これまでにも熱心に資金提供をしてきました。

ケンブリッジ大学委員会による厳正な審査を経て、選ばれたLEGO教授が、10月には誕生する予定です。

世界的な知育玩具として、子どもの創造力に大きく貢献している「LEGO」。おなじみのブロックやLEGO教材を活用したスクールプログラムも今では広く知られるところ。
我こそはと思う方、まだ遅くないかも!?

Licensed material used with permission by ILF Science

 

関連記事リンク(外部サイト)

映画館で配られた「飲めない」ミネラルウォーター。その深いメッセージとは・・・
「美しい授乳写真」に込められた、意外なメッセージとは?
働くママを持つ子どもは、成功しやすい!ハーバード大学のレポートで明らかに

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP