ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto 360後継(Moto 720 ?)のスペック情報が伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola の Android Wear スマートウォッチ「Moto 360」の後継機種のスペック情報を 海外の WEB サイト SlashGear がとある “インサイダー” からの情報として伝えました。Moto 360 は国内では発売されませんでしたが、サークル型のスタイリッシュな形状と多彩なバリエーションが受け、今のところ最も多く売れた Android Wear 製品だと言われています。その後継には世界中から注目が集まっており、7 月 28 日にニューヨーク、サンパウロ、ロンドンで行われる Motorola の製品発表イベントで発表される予想されています。同サイトによると、Moto 360 の後継は、1.56 インチ 360 x 360 ピクセルの LCD、Snapdagon 400 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、400mAh バッテリー、ジャイロ、気圧センサー、心拍センサー、加速度センサーを搭載し、Wi-Fi 802.11 b/g/n, Bluetooth 4.0 に対応しているそうです。前作に比べてディスプレイサイズは拡大し解像度も向上。AMOLED から LCD に変わっています。また、気圧センサーが追加されています。他の部分は同じです。Source : SlashGear


(juggly.cn)記事関連リンク
YotaPhone 2のE Ink側アプリランチャー機能がアップデート、最大12個のアプリをカバー表示可能に
中国のアナリストがHuawei製NexusのSnapdragon 820搭載説を否定
NTTドコモ、外国人と手書き文字を翻訳しながら会話できる新たな翻訳アプリ「ひつだん翻訳」を開発、9月よりトライアル提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP