体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

涼感パンティストッキングで『アベンジャーズ』のニック・フューリー大佐になってみた

エンタメ
涼感パンティストッキングで『アベンジャーズ』のニック・フューリー大佐になってみた

以前、「アベンジャーズ」が日本に上陸した際に、

僕も

アイアンマンに

なったことがあった。

段ボールで。

が、
こんな段ボールアイアンマンになってしまったからか、今回の最新作ではアイアンマンことトニーの発明したウルトロンってのが暴走して大変なことになってしまう模様。

なんかごめん。

そこで反省の意味をこめて、
今回はよりアベンジャーズとしてちゃんとしっかりすべく、
アベンジャーズのヒーローたちの中でも、この

ニック・フューリーになってみたいと思う。

よりによって。

サミュエル・L・ジャクソン演じる褐色のハゲ頭のね。

彼、アベンジャーズを指揮する大佐的存在なので、
罪滅ぼしには丁度いいであろう。

ただ、
となるとスキンヘッドになることになるわけだが、
そのためだけに頭をつるっパゲにするのは、さすがに社会人としてまずい気がする。
ただでさえアレなのに、本当に社会に戻れなくなる。

そこでひらめいたのが、これである

そう、ストッキング。

「涼感」だなんて初夏にはピッタリ!なのかは知らないが、
これかぶったらすごくぴっちりするので、
そのスキンヘッドもぬるっと具現化することができるのではないだろうか!

まぁこれを買う際、100均で買うのも相当気が引けたが、
サミュエル・L・ジャクソンだって役作りのために買ってるんだと思って
なんとか勇気を出して敢行した。(たぶんサミュエルしてない。)

そこで、早速ぬるっとなりたいので

ストッキングをかぶってみたいと思う。

昭和のバラエティ番組で、芸人たちがかぶったりをしてるのをよく目にしたが

自分もこの年になってかぶることになるとは思わなかった。
これが僕の望んだ未来だったのか。

だが、ニック・フューリーになるためならやむをえない。

で、かぶれた。
まぁ
クラスや職場にいたら完全にスルーしたくなる人
にはなっているが、ニック的な褐色さを手にしたとともに、
とりあえず新しい自分には出会えた気がする。

しかしストッキングって、引っ張り具合によって

表情が繊細に変わることになるんですね。

って誰に語りかけているのかはよくわからない。

そこでベースができたところで、

とりあえず目は開けておこう。
かぶってみるとわかると思うが、まぶたベットーンってなってすごく見にくいのである。
一生わからなくていいことだが。

そしてニック・フューリーならではの、アイパッチも具現化したいと思う。

が、単純にマジックで描いてしまうことにしよう。

さらに顔に傷もあるので傷も書いておこう。

猫に引っかかれたような感じでね。実際はそんなドジではないだろうが。

そして、さらにそれなりの

鼻の穴とヒゲを具現化しておこう。

おぉ、サミュエル。

あとは、ニックっぽい黒っぽい服を選んで着ておこう。

ってことで
ストッキングを基にここに完成してしまったアベンジャーズの大佐こと
サミュエル・L・ニック・フューリーが
これだ!!

あらまぁ!!

まぁ
健闘はしたよね。

ツーショットはどう?

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会