ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アメトーーク!』で大ブレイク!漫画『キングダム』最新刊39巻発売 横山光輝『項羽と劉邦』もオススメ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、ガジェット通信では
『アメトーーク!』の効果絶大!? 漫画『キングタム』が『Amazon Kindle』のランキングを独占
http://getnews.jp/archives/980654[リンク]
という記事をお伝えした。5月28日に放送されたテレビ朝日『アメトーーク!』で『キングダム芸人』が放送され、ヤングジャンプに連載中である原泰久先生の『キングダム』のコミックスが売り切れ続出。『Amazon Kindle』のランキングは『キングダム』にほぼ独占されてしまったというもの。

その『キングダム』、待望の最新刊39巻が7月17日に発売された。『アメトーーク!』をきっかけに読み始めた方、既刊38巻まで全部読んで「早く続きを!」と思っていた方も多いのではなかろうか。

さて、『キングダム』は中国の春秋戦国時代が舞台となっており、主人公の信と、後の始皇帝である秦王・政が中心の物語。

あの横山光輝先生は、おなじみ『三国志』連載終了の後『項羽と劉邦』を執筆した。こちらも物語の冒頭に始皇帝が登場。その後、それぞれ主人公である項羽と劉邦の争いに話は移ってゆくのだが

紀元前
この広い大陸で
韓 魏 趙 斉
燕 楚 秦の
七つの国が天下を
狙って争って
いた……

そして秦王・政が
ついに天下統一の
野望を果たした

と、冒頭2ページの説明文で『キングダム』が終わってしまうという……。

『キングダム』39巻を読んで次は何を読もうと考えている方、もしよろしければお読みになってみてはいかがだろうか。

※画像は『集英社』のサイトより引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP