ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古谷徹(アムロ・レイ)「好きなモビルスーツは、ゲルググです。」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いよいよ、明日7月18日~9月27日まで、東京・六本木の森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で、ガンダム35周年を記念し、シリーズ第一作「機動戦士ガンダム」を中心に、ガンダムの魅力を徹底的に解き明かす展覧会「機動戦士ガンダム展」が開催される!
 

今回の「機動戦士ガンダム展」の見どころは、一挙1000点を公開する制作資料。物語の生みの親・富野喜幸総監督(現・富野由悠季氏)の企画段階のメモや、昨年の大阪展での「ガンプラ大作戦」で来場者が制作したガンプラ1000体の展示。さらに、キャラクター・デザインを手掛けたアニメーション・ディレクターの安彦良和氏が、アムロやシャアら魅力的なキャラクターを描いた原画や、ガンダムやザクなど、モビルスーツをデザインしたメカニックデザイナーの大河原邦男氏の精密な設定画の数々など、ガンダムの豊穣な世界にどっぷりと没入することができる。

本日、そんな「機動戦士ガンダム展」のプレス内覧会が開催されたので行ってきた!プレス内覧会には、声優でアムロ・レイ役の古谷徹さんも登場!登場するなり、あの名台詞「殴ったね、親父にもぶたれたことないのに!」を披露し、会場を盛り上げた。

さらに、「打ち切りでしたもんね。43話で最終回を迎えてしまったんですから。とてもじゃないですけど、その後のガンダムワールドの広がりは想像もできませんでした」と、当時を振り返った。また、アムロの初期設定で、その頃は名前が「アムロ・レイ」ではなく「本郷東(ほんごうあずま)」だと知った古谷さんは、「そうなると、『アムロ行きまーす!』じゃなくて『本郷行きまーす!』になりますね。なんか、締まんないですね(笑)」と、会場を沸かせた。

そして、ここで問題発言!?「好きなモビルスーツは?」という質問に、古谷さんは、もちろんガンダムが好きと前置きをしつつも、「量産型ゲルググですね。シャア専用じゃない、あのグリーンの」と、明らかにガンダムよりも好きそうな感じで話し、周囲を驚かせた。

最後に、1000体のガンプラが飾られたコーナーの前で、『ガンダム』の魅力について質問された古谷さんは、「やっぱり、本来なら起こしてはいけない戦争を描いたストーリー。まさに人類が永遠に抱えるテーマが描かれているというのが一番だと思います。」と話した。ちなみに、この1000体のガンプラの中に1体だけガンダムが飾られているが、それは古谷さんが作ったもの。
ⓒ創通・サンライズ

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】エヴァンゲリオンのスマホ作ろうぜ!
日本のテレビで初めて放送された、日本のアニメは?
出演してみたいアニメは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP