ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すぐに試したい金運がアップする“財布の選び方”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 誰もが上げたい運気といえば「金運」です。
 しかし、普段の生活の中で私たちは知らず知らずのうちにお金を疎かにしてしまうような行動を取ってしまっています。そして、それが金運を下げてしまう大きな要因に…。
 では、金運を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

■財布を粗末に扱うと金運は下がる
 金運を上げるために注目をしたいのが「財布」です。
 財布はまさにお金の家そのもの。人間がきれいに保たれた気持ちの良い家に住みたいと思うように、お金もきれいで整った財布が大好きなのです。
 古神道数秘術家の中井耀香さんは、これまで数十人の年収1億円以上の人の財布を見てきたそうですが、ボロボロになった小汚い財布を持っている人は一人もいなかったそうです。
 逆にいつでもお金がないと困っていた人の財布を見ると、何年間も同じ二つ折りの財布を使い続けており、レシートやカードで財布はパンパン。やはりお金に愛されるかどうかはその人の財布に出てくるようです。

■お札は長財布に、小銭は小銭入れにしまう
 中井さんは金運をアップさせたいならば、お札と小銭を分けるようにすすめています。
 お札を入れる財布は長財布です。財布がお金の家と考えたとき、折りたたみのものだと、体を曲げて入らなければいけません。しかし長財布は体を長く伸ばして寝ていられます。また、千円札、五千円札、一万円札はそれぞれ別のところにいれましょう。なぜなら、特に一万円札はVIP待遇が大好き。特別扱いをしてあげるのです。
 もちろん、小銭も大事に扱ってあげましょう。小銭は寂しがり屋なので、バラバラにされるのはつらいこと。適当な服のポケットに入れていたり、そこかしこに置いていたりするのはNGです。

■長財布は3色の中から選ぶ
 一時期、黄色い財布が金運を上げると話題になりましたが、中井さんによれば「黄色は人に金運を取られる」特性を持っており、一時的にお金が入ってきても、それを他の人に横取りされてしまう傾向があるそうです。
 そんな中井さんが考える最強の金運を持った財布の色は、「白」「金」「ヘビ柄」の3つ。白は浄化のパワーを持っており、お金を清めるのにピッタリ。金は緑、赤を組み合わせるとより効果的になります。また、ヘビ柄については損失を出してそれを上回る仕事が追いかけてくるようになったそうです。
 これから財布を買い替えようとしている人は、参考にしてみてください。

 金運だけでなく、人生そのものの運気をあげるための方法が書かれているのが、中井さんの著書『すごい「お清め」』(中経出版/刊)です。
 本書の考え方は、「運気を上げようと行動しても、運気が悪くなることをしていればそもそも上がらない」というところから、難を避けるための方法が書かれています。まずは自分の生活を見直してみて、自ら運気を悪くしていないか、チェックしてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「数」を意識すれば人生は好転する?
お金に語りかければ金運UP!? お金持ちの財布の使い方
あなたの家は邪気だらけ? 運気が下がる家の特徴

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP