ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『Mr.タスク』で来日した元天才子役ハーレイ君はポッチャリしたただのイイ奴だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザックリ言うとセイウチ人間の恐怖と運命を描いた映画『Mr.タスク』に、かつて天才子役としてならしたハーレイ・ジョエル・オスメント(27)が出演した。演じるテディはセイウチ化する主人公ウォレスの友人で、一緒にDJとしてPodcast番組に出演するヲタク! そのいかにもアメリカにいそうなギークっぷりが実にハマっていて、しばらく見ない間、外見が大人になっただけでなく、演技派としても成長したオスメント君。今は意外にも(?)アクションに興味があるとかないとか!? 11年ぶりの来日で、一問一答的に聞いてみたよ。

――『Mr.タスク』は、ずいぶんと特殊な内容というか世界観というか、他人への説明が一苦労ですが(笑)、監督のケヴィン・スミスは、最初どういう説明を?

言うほど難しい映画じゃないよ(笑)。実は最初にEメールをもらって、そこに脚本が添付してあった。そこに参加キャストのリストもあって、ジョニー・デップ、マイケル・パークス、ジャスティン・ロングたちの名前がね。彼らと共演できると思ったら興奮したよ。内容もホラーで、コメディーで、ファンタジックな”セイウチ”も登場してということだったから、これは面白いなって思ったんだ。

――11年ぶりの来日だそうで、実はファンとして、その時の『ウォルター少年と、夏の休日』(03)が、あなたの出演作で一番感動しました! ご自身ではどの作品が一番気に入っていますか?

映画を制作した年代もテーマも異なるので一番は決めかねるけれど、強いていうと『A.I.』(01)だよ。1年以上の時間をかけて作っていて、壮大なスケールの物語でね。実は、僕の父親も出ている映画でね。小さい科学者の役で、共演ではなく別のシーンでね。父親は1980年代に舞台で活躍した人なんだ。僕の出演が決まった後に、父親も出ることになったよ。

――そうそう、アクションをやりたいという話を、ちょいと小耳に挟んでしまって(笑)。どういうジャンルですか? 『ダイ・ハード』(88)みたいな?

そうだね(笑)。スーパーヒーロー系がいいよね。クルマ映画で言うと、『ワイルド・スピード』シリーズや、『RONIN』(98)に出たい。スパイ系も悪くない。まだオーディションには行ってないけれど(笑)。

――『アベンジャーズ』シリーズは? マーベル・シネマティック・ユニバース!

(笑)! そうだね……あれは、おそらく永遠に続くだろうからね! 出てみたいよ(笑)。

――今日はありがとうございました! AOLニュースの読者たちって、うっかりセイウチにされそうなピュア男子ばっかりなんですよ。ちょっと何か、いただいてもいいですか!

本当に(笑)? もし悩みがあっても、人生を頑張って前向きに歩いてほしいよ! 僕は心配性じゃないので楽天的に生きているけれども、この業界自体は不安定で先がまったく読めない世界だ。だけれども、仕事はいいよ。向いていた。何かくじけそうなことがあっても、負けずに自分のゴールに向かってフォーカスをすることだよ!

――会えて光栄です! どうでしょう、日本のAOLって、雰囲気違って驚きました???

そうだね(笑)。アメリカとは、視聴者層がまったく違いそうだね! でも『Mr.タスク』、絶対に君たちに合うと思うよ!

映画『Mr.タスク』は、2015年7月18日(土)より、宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか大ヒットロードショー!

https://youtu.be/GEYJqZb6ILM

■参照リンク
『Mr.タスク』公式サイト
http://kibasan.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

マッドマックスの火炎放射ギターかよ!アメリカ国歌を爆音で弾いたら逮捕されたアツいバカ
【大天使】トリンドル玲奈が男子たちに胸アツメッセージ!映画『リアル鬼ごっこ』
伝説が再び!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』はこうやって作られている【動画】
ありがとうマエストロ!ユヴェントスが退団したピルロへ捧げた映像が泣ける
箭内道彦監督作、映画『ブラフマン』が満席続出の大ヒット!主題歌「其限」も爆売れ中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP