ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビックカメラ、最大1Gbpsの光コラボ参入!格安SIMセット割も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビックカメラは、8月1日より「ビック光 powered by IIJ」(以下ビック光)をビックカメラグループ全店(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)で提供開始することを発表しました。「ビック光」は今年2月に開始された「光コラボレーションモデル」を活用した固定向け光回線サービスです。NTT東西が提供するフレッツ光のインフラと、IIJmioのプロバイダサービスを組み合わせたものとなっています。
ビックカメラでは「BIC SIM」という格安SIMも販売していますが、ビック光はBIC SIMと両方契約することで値引きされます。他MVNOも同様に、固定光回線+SIMのセットで割引サービスを提供していますね。代表的なサービスと比較してみました(価格は税抜き。新規申し込みの場合の価格。またこれとは別に工事費などの初期費用がかかる場合もあります)。

 タイプ @nifty光 ぷらら光 OCN光 ビック光
光回線
(マンション
タイプ) 3,400円 3,600円 3,600円 3,960円
光回線
(戸建て
タイプ) 4,500円 4,800円 5,100円 4,960円
SIMとの
セット割 200円引き
(1回線まで) SIM1回線につき
200円引き
(5回線まで)
ビック光の月額料金から600円引き
SIM 1回線につき150円引き
(5回線まで)

※上記は7月17日時点の価格で、期間限定価格を含みます。ご利用の際は各サービスの公式サイトを参照してください。

ビック光は値引き前の価格は高いものの、BIC SIMとの同時利用で600円引き。さらに提供開始記念キャンペーンとして、8月31日までに申し込むとBIC SIM1回線あたり150円(回線数に応じて最大750円まで)が値引きされるので、かなりおトク感があります。

「powered by IIJ」と付いていることからも分かるように、中身は実はIIJmioひかりと全く同じです。SIMセットの値引き内容も同じ。ですが、ビックカメラ店頭でサポートが受けられる恩恵は大きいでしょう。オンラインだと数日かかるMNPも即日対応が可能です。もう一点、BIC SIMにはIIJmioにはない、公衆無線LANサービス(wi2 300)が無料で付いてきます。

「IIJとビックカメラの最強タッグ」という売り文句は伊達ではなさそうです。

 

(文・ステーブ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。