ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供に片づけさせる方法 親の手助け厳禁で見守る我慢必要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どうしても部屋を散らかしてしまうのが子供。とはいえ、しっかり片づけを教えておかないと、将来社会に出た時に困ってしまうことも少なくないはず。では、どうやって親は子供に片づけを教えればいいのだろうか。東京未来大学・こども心理専攻長の渡辺千歳さんがアドバイスする。

 * * *
 4~5才になれば、きれいになっている状態がわかりますから、片づけができたときは、「きれいになったね」「気持ちがいいね」とほめてあげましょう。

 その一言で子供は認めてもらえたとうれしくなり、また片づけようという意欲がわくようになります。とはいってもこの時期は個人差が大きいので、自主的に片づけができない子供もたくさんいます。そんなときは「片づけようね」と声かけをしてください。

 すぐにやらない、時間がないなどから、お母さんが手を出してはいけません。片づけるまで見守る我慢が自主性を育てるからです。

 どうしてもできないときは「こうするといいよ」と、一緒に片づけるのもいいでしょう。片づけ方を教えずに指示だけしても、どう動いたらいいかわかりませんから。

 子供の物が増えて、処分したいときは子供と一緒に捨てる物を選びます。子供が捨てたがらない物は「来年考えよう」でもいいと思います。成長とともに大切な物が変わっていくものです。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
断捨離ブーム なぜ、日本人はこうも片づけられないのか
片づけられない47才主婦 何冊もの収納術の本も片づけられず
片づけコンサルタント 片づけすぎてノイローゼ気味だった過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP