体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォルクスワーゲンが“ミドルセダン”に殴り込み! 新型『Passat』レビュー

1

フォルクスワーゲンといえば、『Golf』や『The Beetle』などのハッチバックタイプの車種が人気ですが、それら以外にも“通好み”な車種が存在します。その中に『Passat(パサート)』という車種があるのですが、今回8世代目となる新モデルが発表されました。

『Passat』は、『Golf』や『The Beetle』と並び昔から生産されているセダンタイプの車です。しかしながら、人気車種の影に隠れるように、あまり話題にあがることはありませんでした。しかしフォルクスワーゲンの本拠地ヨーロッパでは『カーオブザイヤー2015』に選ばれるなど、絶大な評価がされており、日本においても“知る人ぞ知る”名車なのです。

今回のフルモデルチェンジにより8世代目となる『Passat』が、先進的な機能やデザインを携えて日本車の“ミドルセダン”層にあえて真っ向勝負を挑もうとしています。

“MQB”がもたらしたユーザーに妥協させない選択肢

19

複数車種で柔軟にシャシ共有を実現する“MQB”という技術によって、『Passat』は様々なバリエーションをもつ車に進化しました。ガソリンエンジン+過給器モデルの『TSI』、ディーゼルエンジン+過給器モデルの『TDI』、フルタイム四駆モデルの『オールトラック』、プラグインハイブリッドモデルの『GTE』など、外観だけでなく駆動方式さえも実に様々です。

『Passat』レビュー

3

パッと見で印象的なスタイリングのフロントは、左右のヘッドライトとグリルが“水平”につながるようにデザインされています。

2

ボディの継ぎ目のデザインは非常に複雑になっており、デザイン精度の高さを伺わせます。“車好き”のツボを突く、実に巧妙なデザインなのではないでしょうか。

4

ボディ側面には彫刻のように繊細に彫り込まれたエッジが入っています。

6

ドアハンドルとの一体感が素晴らしい。たぶん、町の板金屋で修理するとなると相当大変なのではないでしょうか。。

5

側面のエッジの下部には、クローム調のアクセサリーが施されており、ダイナミックなボディを引き締めて見せてくれます。

9
1 2 3次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy