ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツ レコード産業2015年上半期の売上を発表、CDの売上が61%と堅調

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by 洋楽天国

イギリスやヨーロッパの音楽産業をレポートするミュージック・ビジネス・ワールドワイド(MBW)が15日、今年(2015年)上半期(1月~6月)のドイツのレコード売り上げの内訳をグラフ化して発表した。

ドイツはアメリカ、日本に続く世界第3位のレコード売り上げ国。日本と似ているのは、まだCDの売り上げが堅調だという事。とは言えMBWによると、昨年(2014年)の上半期に比べCDの売り上げは66%から61%にダウンした。ダウンロード売り上げは19%から18%で微減だった。比べてストリーミング売り上げは8%から13%に伸びた。

以下はアメリカ・レコード産業の2014年の内訳だ。

先進国の中でもストリーミングによる売り上げが27%と突出している。アメリカ人は通勤時、ラジオで音楽を聴く。根柢にあるのは流れている曲が好きかどうかだ。最初に曲が好きになり、その後アーティストを気に入り、本当に好きになったら最後はコンサートに足を運ぶ。多少好きなら、懐具合と相談して、ダウンロードよりもストリーミングでいいや、という事だろう。日本と似ているドイツのケースを見ると、日本でもストリーミング売り上げは伸びるのだろう。しかし月額の有料会員にはどのくらいの人達がなるのだろうか。TVオリエンテッドなタダ音楽に接している日本の音楽ファンは、数百万曲聴けますよといっても知らない曲には興味が無い。注:アメリカの場合、Physicalが実物のCDの事だ。

記事提供元

洋楽天国

関連リンク

NME
高橋裕二氏インタビュー

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP