ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリコン2015年上半期音楽ソフトマーケットレポート発表、市場規模は前年比100.8%の1460億円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オリコンは、「2015年上半期音楽ソフトマーケットレポート」(対象期間:2014年12月29日~2015年6月28日)を発表した。

※売上金額は売上枚数に定価・希望小売価格(税込)を乗じて算出。

1.音楽ソフト市場全体動向

音楽ソフトの2015年上半期市場規模は1460.0億円で、前年同期⽐を100.8%とした。アルバムが上半期実績を791.7億円とし、前年同期⽐で101.5%とわずかに増加。上半期実績としては、8年ぶりに前年を上回った2014年上半期に続き、2年連続で前年⽐増を⽰した。

⼀⽅、シングルの売上額は289.4億円となり、前年同期⽐は99.9%とほぼ前年並となったが、昨年同期に続いて2年連続で300億円を割り込む結果となった。

「音楽」映像ソフトでは、音楽DVDの実績が233.9億円で前年同期⽐は93.2%と、4年連続となる前年⽐減を⽰したのに対し、音楽BDの実績は145.1億円で、前年同期⽐は112.7%となった。08年のBD市場規模調査開始以降では、下半期を含めて過去最高の半期実績となったが、「音楽」映像ソフト全体では、378.9億円で前年同期⽐は99.8%と、市場規模は若⼲の減少を⽰した。

また、ジャンル別で⾒ると、アルバム、音楽BDの好調を受けてJPOPは、1176.7億円で、前年同期⽐は106.8%とシェアを伸ばしている。

アルバム市場は、2014年上半期や年末商戦期を含む2014年下半期も上回り、前年同期⽐で101.5%と堅調だった。

期間内に42.7億円を売り上げた、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「PLANET SEVEN」を筆頭に、Mr.Children「REFLECTION」(27.4億円)、サザンオールスターズ「葡萄」(22.6億円)、AKB48「ここがロドスだ、ここで跳べ!」(20.1億円)と、20億円以上を売り上げた作品が4作となり、2014年上半期の2作(AKB48「次の足音」、V.A.「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」)から倍増して、市場を牽引した。

シングル市場では、ミリオンセールスを上げたのは「僕たちは戦わない」(21.4億円)、「Green Flash」(12.1億円)と、2014年上半期同様 にAKB48の2作だった。50万枚以上100万枚未満のセールスを上げた作品数は前年同様5作であったが、10万枚以上50万枚未満の作品は前年20作→24作に増加し、中間層のセールスが下⽀えしたことで、前年同期⽐99.9%と、ほぼ前年と同等の⽔準を保った。

音楽BD市場は、2015年も過去最高の上半期市場規模となった。DVD「ARASHI BLAST in Hawaii」で22.0億円を売り上げ、2015年上半期DVD売上1位となった嵐は、BD「ARASHI BLAST in Hawaii」でも18.7億円を売り上げ、2015年上半期BD売上1位となった。嵐は2014年上半期も音楽BD「ARASHI アラフェスʼ13 NATIONAL STUDIUM 2013」(7.6億円)を発売しているが、倍以上にセールスを伸ばし、BD市場を牽引した。DVDでは10万枚を売り上げた作品が前年同様に5作あったが、市場規模の縮小は4年連続となった。

2.音楽ソフト市場 メーカー別シェア

エイベックス・グループを筆頭にソニー・ミュージックエンタテインメント、ユニバーサル ミュージックと上位3社の顔ぶれは、2014年上半期と大きな変化はない。

2015年4月の月間メーカー(発売元)別セールスで首位となったジェイ・ストームは、「音楽」映像ソフトの売上が前年同期⽐128.4%と伸⻑し、前年の5位から1ランク上昇した。また、トイズファクトリーは前年の売上規模から倍以上の伸びを記録して6位になった。Mr.Children「REFLECTION」やSEKAI NOOWARI「Tree」といったアルバムによって、売上規模が拡大したことがその要因となっている。

3.そのほかのトピック

Mr.Children「REFLECTION」(2015年6月発売)の初動売上は35.5万枚/21.9億円で、前作「[(an imitation)bloodorange]」(2012年11月)の同53.0万枚/16.2億円と⽐較すると、枚数が下がった⼀⽅で、売上⾦額は増加していることに象徴されるように、特にヒット作品に関しては、高付加価値化によって1作あたりの高額化傾向が進んでいる。ところが、音楽BDはこれとは対照的に、価格は低下に転じている。

カタログ作品等を中⼼に、アルバムのリリースタイトル数はここ数年、増加傾向にあったが、2015年上半期は減少に転じており、前年同期⽐で97.3%となった。

オリコン調べ(oricon.co.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP