ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒猫チェルシー扮するNHK「まれ」高志バンド“little voice”、CDジャケ写&渡辺大知監督のMV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在、放送中のNHK連続テレビ小説「まれ」。そのヒロインまれの同級生、二木高志がボーカルのバンド“little voice”がドラマの枠を飛び越え、8月12日に「涙のふたり / また会おう-バンドver.-」でCDデビューする。そのジャケット写真が公開された。

6月27日の放送回で大反響となった、まれと圭太の告白シーン。その時に高志がライブハウスで歌った名曲「涙のふたり」と一切喋らなかった高志が同級生の前でいきなり歌い話題となった「また会おう-バンドver.-」が収録される今回のCDシングル。

ジャケットの撮影場所は、なんと某テレビ局の楽屋。高志以外のメンバーも実際、高志演じる渡辺大知がボーカルを務めるロックバンド、“黒猫チェルシー”のメンバーが全員演じており、今回のジャケット写真にももちろん、little voiceのメンバーとして登場している。高志たちの楽屋での何気ない会話を覗いているような、温かい雰囲気のあるジャケット写真に仕上がっている。

さらにこの度、ボーカルである渡辺大知が自ら監督した「涙のふたり」のミュージックビデオが完成。7月17日より、Gyao!にて1週間先行配信が開始された。

ミュージックビデオは、NHK連続テレビ小説「まれ」を見ている方にとっては、まるで二木高志のプライベートを見ているような気分が味わえるドキュメンタリー風の映像で、高志がメンバーと一緒にレコーディングしている風景や、雨の中、街を歩いたり、電車に乗ったり、飾らない高志の普段の様子を垣間見ることができる。

貴重なオフショット満載のミュージックビデオは、渡辺大知本人が監督となり、撮影も編集も全て自らが行い、完成させた。黒猫チェルシーのボーカリスト、そして俳優、だけでなく、実はすでに映画「モーターズ」で監督デビューもしている、そんなマルチアーティストである、彼ならではの味のある作品に仕上がっている。

渡辺大知本人のコメント
「涙のふたり」は、ラブソングの1歩手前のような曲です。
ミュージックビデオも、形にできないかっこよさを目指しました。
高志という青年が、物語からはみ出して無我夢中で音楽を楽しんでる姿を笑って観てもらえたら嬉しいです。
あと、映像もいいけどCD買ってくれ!と高志が言ってました!

little voice(黒猫チェルシー)「涙のふたり」
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10672/v0993900000000547801/

リリース情報

little voice(黒猫チェルシー)
シングル「涙のふたり / また会おう-バンドver.-」
2015年8月12日(水)発売
SRCL-8894 1,200円+税
※初回仕様のみ封入特典:“little voice”ワンマンライブフライヤー

関連リンク

黒猫チェルシー オフィシャルサイト:http://www.kuronekochelsea.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP