体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レッドブル・エアレース2015・前半戦を振り返る

全8戦で行われるレッドブルエアレース2015年シーズンも、7月4日・5日の第4戦ブダペスト大会で前半戦が終了、シーズンも折り返し点を迎えました。ここで前半戦のトピックスをいくつか取り上げて、振り返ってみましょう。

【関連:日本初開催! レッドブル・エアレース千葉大会(日曜日・決勝レース編)】

■世界遺産で行われたブダペスト大会

7月5日に決勝が行われた第4戦ブダペスト大会の舞台は、世界遺産に登録されているハンガリーの首都ブダペスト旧市街のど真ん中。
ドナウ川にレーストラックが設定され、ブダペストのシンボルであるセーチェーニ鎖橋(桁下高10.8m)をくぐってスタートするという独特のロケーションです。ここでレースが行われるのは2009年シーズン以来。その時の勝者はマイケル・グーリアン選手でした。

ブダペストのレーストラック(画像:Red Bull)

ブダペストのレーストラック(画像:Red Bull)

市街地の真ん中を流れる川の上とあって、トラックレイアウトは直線的なもの。2004年~2009年まではセーチェーニ鎖橋がスタート・ゴールゲートを兼ねていましたが、今回は別個にゲートが作られました。直線的でスピードが出やすく、折り返しでのオーバーGに気をつけるという点で、特性としては千葉大会に似た感じです。ただし、開けた海岸線沿いに作られた千葉と違い、トラック両端を橋でふさがれている為に、折り返しのターンはさらにシビアです。前回行われた2009年の際は、オーバーGの基準が現在(2014年シーズン以降)の10Gではなく、12Gまで許容されていたので、今回のレースでは折り返しのターン(ゲート5・9・13)が大きなポイントとなりました。

実際のレースでは、ヨーロッパを襲った猛暑で気温が35度を超える場面もあり、いかにエンジンを冷却して性能を低下させないか、という戦いも。トラック攻略面では、目の前に迫る橋を意識しすぎるがゆえに、なるべく早くターンしようという心理が働いたせいか、横方向のハイGターンを行うゲート5と13「マルギット島ターン」でインコレクトフライトレベル(ゲート通過中にターンを始めてしまい、水平姿勢でなくなる)、宙返りして方向転換(ハーフ・キューバンエイト)を行うセーチェーニ鎖橋側の折り返し点、ゲート9「チェーンブリッジ・ターン」で高度超過(ゲート通過中に宙返りを始めてしまって高くなる)のペナルティ(決勝ではチャンブリス選手・ベラルデ選手・グーリアン選手・ドルダラー選手)、そして折り返しターンでのオーバーG(決勝ではラム選手の2回とイワノフ選手)が目立ちました。

▼レッドブル・エアレース第4戦 ブダペスト大会ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=t1iTmARYHZg

予選1位は、ただひとり58秒台(58秒323)のスーパーラップをたたき出したマット・ホール選手(オーストラリア)。直前まで室屋義秀選手が59秒011でトップに立っており、第3戦ロヴィニ大会(ポール・ボノム選手が予選1位)同様、予選1位の座がスルリと逃げていってしまいました。

決勝では、ラウンド・オブ14でホール選手が再び58秒400というスーパーラップを出して、2009年ブダペスト大会の勝者グーリアン選手に勝利。室屋選手は1分2秒279で、マティアス・ドルダラー選手(ドイツ)に0秒207及ばず敗退。ボノム選手(イギリス)に敗れたマルティン・ソンカ選手(チェコ)のタイムが1分1秒088でファステストルーザーになったので、ここで9位が確定しました。

これは次元の違う速さを見せるホール選手初優勝か……というムードになったものの、好事魔多し。ラウンド・オブ8でソンカ選手に0秒183という僅差で破れるというサプライズ。本人もレース直後
「参ったね。何が起きたか判らなかったよ。どこのターンでタイムロスをしたのか……後で検証してみるよ」
とコメントしていたくらい。ホール選手は5位に終わりました。
ブダペスト大会を制したのは、ハンネス・アルヒ選手(オーストリア)。第3戦ロヴィニ大会に続いて連勝となりました。2位はポール・ボノム選手、3位マルティン・ソンカ選手という結果に。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。