体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

道重さゆみ生誕祭をファンが祝福!いま振り返る道重さゆみの「14」の時代

道重さゆみ生誕祭をファンが祝福!いま振り返る道重さゆみの「14」の時代

2014年11月26日の横浜アリーナ公演にてモーニング娘。を卒業した伝説のリーダー、道重さゆみ。あの日以降、周囲の人間によって生存は確認されているが、その姿は一切見せていない。そんな彼女が7月13日、26歳の誕生日を迎えた。すると日付が変わるとともに数多くのファンがツイッターに集まり祝福のコメントをそれぞれにツイート、一時はハッシュタグ「#道重さゆみ生誕祭」がツイッターのトレンドに入るほどの盛り上がりを見せた。

卒業から7ヶ月を過ぎたというのに、かつその間一度もその姿を見せていないにも関わらず、未だファンの中で消えることのない道重さゆみに対する思い。もちろんいま現在のモーニング娘。’15は新たなモーニング娘。の形を更新し続けているわけだが、それでも、いやだからこそ、ファンの中では今でも道重さゆみは特別な存在である。

というわけで本日はそんな道重さゆみの活動を、彼女が作り上げたモーニング娘。’14に敬意を表して、14の時代に切り取って紹介したい。もちろんファンなら知っている情報も多いことだろうが、こんな人間がフィクションではなく現実の世界に存在していたという事実は、後世にまで伝えなくてはならないだろう。道重さゆみを知ってしまった者にだけ、それは許されているのだから。

【2002年(13歳):さゆーじあ期】

この年、モーニング娘。のオーディションを受ける。アイドルになりたいとか歌手になりたいというわけではなく、ただただモーニング娘。になりたいというのが動機であった。それまでの人生で挫折を味わった経験がなかったため落選するという想像は一切していなかったが、歌とダンスは全くの不得手。課題曲の「赤いフリージア」を歌ったときの破壊的な歌唱力は後々までもファンのあいだで「さゆーじあ」という名で語られることになる。

当然合宿でも叱られることになるのだが「なんでモーニング娘。になりたいの?」と問われ「好きだから」と即答。「モーニング娘。が好き」というこの純粋な気持ちが、彼女の人生を運命づけることになる。そんな彼女を見てプロデューサーのつんく♂は「この子自体が作品やな」と絶賛、モーニング娘。の6期メンバーとして加入することになる。

【2003年(14歳):ビビり期】

1月19日、モーニング娘。に正式に加入。当時道重さゆみは、モーニング娘。に入れる人間は全員天才だから練習なんてしていないのだろうと思い込んでいたが、勿論そんなはずはない。学業の関係で4月から本格的な活動を開始するのだが、他のメンバーにパフォーマンスで追いつくことが出来ず、悪めだちしないように自分の印象を消すことに精一杯だった。

当時のモーニング娘。の人気はすさまじいものがあり、ステージデビューは5月5日のさいたまスーパーアリーナ公演。この年のNHK紅白歌合戦には田中れいなとともに史上初の平成生まれとして出場する。道重さゆみ、デビュー1年目。その環境のありがたさに、当時気付くことは出来なかった。

【2004年(15歳):うさちゃんピース誕生期】

自分の個性を消して悪めだちしないように努力していた道重さゆみが初めて自分の意志で作り上げた作品が、いわゆる「うさちゃんピース」である。両手をうさぎの耳に見立てて頭の上に置くこのポーズは、姉とともにプリクラを撮影したときに産まれたと言われている。このポーズを流行らせようと苦心するも、なかなか浸透してくれない。だがそれでも、しぶとく続けた。そのときの道重さゆみには「うさちゃんピース」しかなかったのだ。

そして、この年の夏に行われたハワイツアー。写真撮影のとき、一人のファンがこう口にする。「うさちゃんピースで映ってください」と。努力は無駄ではなかった。ちゃんと、見てくれている人がいる。道重さゆみはこのとき涙が出るほど喜んだという。これをきっかけとして「うさちゃんピース」は、道重さゆみとファンとの間の絆を象徴するポーズになったのであった。

【2005年(16歳):ストレス期】

初めての後輩である久住小春が加入。道重さゆみは彼女の教育係に指名される。当時の久住小春は「次世代のエース」と称され鳴り物入りで加入した大物ルーキー。一方の道重さゆみはパフォーマンスにも自信がなく劣等感の固まりのような存在だった。とは言え先輩は先輩である。教育係として久住小春の世話をしようとする道重さゆみ。だが問題は、久住小春はまだ子どもであり社会常識が一切なかったという点にあった。

1 2 3 4 5次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。