体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「”海上”が勤務地です!」。光海底ケーブル敷設で世界の通信網を支える

世界中にはりめぐらされた通信ネットワークのなかでも、国際間の通信に欠かせないのが光海底ケーブル。日本と海外との通信の99%が利用する、重要なインフラだ。KDDIのグループ企業である国際ケーブル・シップ株式会社(KCS)で光海底ケーブルの建設・保守に携わる小田明日香に、その仕事とやりがいについて聞いた。

総延長9,000kmの光海底ケーブルの建設が始まった

2015年6月、東に向けて大きく開けた三重県志摩市の甲賀海岸。夜明け前から、巨大な船のシルエットが沖合に浮かぶ。海底ケーブル敷設作業船、KDDIパシフィックリンクだ。2016年4月からの運用開始を予定している日米間光海底ケーブル「FASTER(ファスター)」の陸揚げ作業が始まろうとしていた。


夜明けと共にケーブル陸揚げ作業が開始される

FASTERは総延長約9,000km、千葉県南房総市および三重県志摩市とアメリカ・オレゴン州を結ぶ。当初の設計容量は世界最大規模の60Tbps(T=テラは1兆)。ますます増大する日米間のデータ通信需要に応えると同時に、現在主力となっている日米間光海底ケーブルUnityのバックアップとして建設される。60Tbpsがどれぐらいの速度かというと、2秒間でDVDのデータ約3,000枚分が送信できるほど。1995年に運用開始したTPC-5CNの約3,000倍、2010年に運用を開始したUnityの約12倍となる。

大洋を横断する長大な光海底ケーブルの敷設作業は、敷設経路に沿って航行するケーブルシップからケーブルを下ろしていく。しかし、陸に近いところでは海が浅くなるため、巨大なケーブルシップは近づくことができない。沖合に停泊したケーブルシップから陸上にケーブルの先端を引き上げる作業だが「陸揚げ」だ。地上で待ち受ける作業班の中に、小田の姿があった。


船からケーブルの先端が到達する

「陸揚げ作業の前の準備のために、2週間前から現地入りしていました」(小田)。地中下にある海底線中継所への引き込み口を重機で掘り出し、崩れてこないように土を止める「矢板」を打ち込む。船の停泊予定場所までの中間点にポンツーン(小型台船)を設置し、海底ケーブルを結びつけるためのリードロープをポンツーンから引き込みルートに沿って敷設するなど、さまざまな準備が必要だ。工事だけでなく、日頃近海で漁をしている近所の漁協との調整も、地上班の大切な役割だ。

当日の小田の役割は、「陸揚げシーブ」という、ケーブルを曲げるための滑車の動作確認、巻き取り機械の動作確認、および陸揚げされたケーブルを、中継所敷地内へ引き込む作業の指揮を執ることだった。「リーダーは、陸揚げルートを目で見てケーブルの張り具合を監視し、指示を出します。私の役割は、ケーブルや巻き取り機械の動作が問題ないかをチェックすることで、動けないリーダーの代わりに場内を走り回っていました」(小田)。

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。