ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『最後のパレード』著者が読売を提訴する事態に! 出版社は「関係ありません」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「内容は盗用されたものなのでは?」とウワサになっている書籍『最後のパレード ~ディズニーランドで本当にあった心温まる話~』(サンクチュアリ・パブリッシング発行 / 中村克著)。当編集部でもこの書籍を入手して読んだところ、非常に素晴らしい内容であり、なかには涙を流しそうになる話題もいくつかあった。

しかし、冒頭でも述べたように盗用疑惑がささやかれており、インターネットや読売新聞に掲載されていたものをそのまま使用したのではないか? という話にまで発展している。この書籍に関して読売新聞は「文末を「です・ます」にしたり、「重度の」を「重い」にしたりするなどの言い換えはしているが、文章の流れや表現はほとんど変わらない」部分があると指摘しており、波紋はさらに広がりそうである。

また、今回の件について報道している読売新聞と日本テレビに対して著者の中村氏は「私は悪意を持って私を追い詰める冷酷非道な読売グループには毅然たる態度で臨んでいきたいと思います」と自身のサイトでコメントしており、「読売新聞、日本テレビを提訴します」としている。

しかし、版元のサンクチュアリ・パブリッシングは「読売新聞紙上にて発表されていたエピソードだというのは、読売新聞社からご指摘を受けて、初めて知った次第です」「著者及び弊社は誠意をもって対応させていただきたいと考えております」と自社サイトに掲載しており、ある意味、誠意をもって対応したいとしているサンクチュアリ・パブリッシングと、読売新聞社を提訴するという中村氏の考えには矛盾していることになる。そう、物語を掲載した読売新聞に対しても誠意を持って対応するべき相手である可能性が高いからだ。関係各社の意見をまとめると、以下のようになる(各サイトから引用して要約)。

<読売新聞社>盗用ではないかと思われる
読売新聞掲載の作品とほぼ同じ内容。文末を「です・ます」にしたり、「重度の」を「重い」にしたりするなどの言い換えはしているが、文章の流れや表現はほとんど変わらない。

<版元・サンクチュアリパブリッシング>盗用でないと思っている
読売新聞紙上にて発表されていたエピソードだというのは、読売新聞社からご指摘を受けて、初めて知った次第です。周知の心温まるエピソードとして採用したもので、読売新聞の記事の「盗用」ではないと判断しております。現在、法律家の専門の方と相談しております。

<物語の一部著作権を持つ小さな親切運動本部>子どもが傷つかなければそれでいい
4月21日、顧問弁護士と対応について話し合い、今後はこの件については、すべて顧問弁護士が対応することとなりました。社団法人「小さな親切」運動本部では、筆者とディズニーランドに夢を持つたくさんの子どもたちの心を傷つけることなく、一日も早く解決することを望んでおります(全文はこちら)。

<著者・中村克氏>盗用ではない
私は悪意を持って私を追い詰める冷酷非道な読売グループには毅然たる態度で臨んでいきたいと思います。まずは、東京新聞様の依頼でまとめた私がこの本で言いたいことを記したいと思います。読売グループとディズニーでは集団IQが違いすぎます。ディズニー出身の私から見れば、読売グループの集団IQは、ディズニーが200とすれば読売は60くらいでしょうか(笑) 。

このことについて、サンクチュアリパブリッシングの担当者に取材をした。関係各社に誠意を持って対応するという御社の考えと、中村氏の読売新聞を訴えるという考えは矛盾しているように思えるのですが? という質問に対し、「そうですよね。しかし、著者の考えと弊社の考えは別物であり、関係ないものです。あくまで弊社の考えです」とのこと。

また、読売新聞社にも同様の取材をした。読売新聞に掲載された、盗用されたと思われる作品の著作権はどこにあるのでしょうか? という質問に対し、「常識的に考えれば無断で転載するのは問題だと思いますが、本日はすでに担当者がいないもので、明確な返答はできません。申し訳ありません」というコメントをいただけた。

この件を取材してわかったことはひとつ。周囲がどう荒れていようが、この本に罪はない。この本の内容の素晴らしさに感動したというサンクチュアリパブリッシングの担当者の言葉は、ハッキリと真実であると確信することができた。あとは、知財作家でもある著者の中村氏が “今回の知財” についてどう解決をしていくのか見届けるだけである(このニュースの元記事はこちら)。
 

■ほかにもインターネットの記事があります
美女芸人「パソコンってYahoo!検索とmixiするだけの物じゃないんだね」と告白
『課長島耕作』と歩けば“社長”になれる? 遊び感覚の歩数計!
アニメ『けいおん!』の美少女キャラ愛用楽器のAmazonページが凄い事に
ANAの女性客室乗務員のプライベート写真がGoogleから流出
『2ちゃんねる』でも有名人、あの“Jimさん”がFlashゲームをプロデュース!?

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。