ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そうだったの〜っ!?かき氷のシロップの驚くべき真実にネットが騒然!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の定番スイーツと言ったらやっぱりかき氷。夏祭りでも花火大会でも人気のかき氷は、まさに日本の夏の風物詩。

お祭りの出店で売っているかき氷のシロップにはイチゴ味、メロン味、ブルーハワイやオレンジなどカラフルなものが揃っていますが、そのシロップの驚くべき事実にネットが騒然としております。その事実がこちら。

マジですか〜!なんとシロップの味は全部同じなんだそうです。

着色料と香料を変えることでそれぞれ違ったテイストに感じさせているだけなんです。これは衝撃。人間の脳ってすごい…。

小さい頃に「ブルーハワイって何味なんだろ…」と疑問に思ったことはありますが、その疑問を解明するほどの探究心があの頃の私にあればこの事実はその時明らかになっていたことでしょう…。

最近では出店のかき氷屋さんはシロップかけ放題というところもあって、自分で好きな味(事実を知った今は"色")を自由に組み合わせたりできますが、所詮どれも同じ味だったわけですね。

私が子供に「いろんな味混ぜたら美味しくなくなるぞ!」と言っていたのはなんだったのでしょう…。

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

そうだったの!?江戸時代の火消し棒の由来がダジャレすぎるとTwitterで話題に
土手に咲き誇る菜の花…?いや、それは「カラシナ」かも
うっほ欲しいぞ!かき氷の名店 埜庵 監修の「天然水かき氷サーバー」が数量限定販売

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。