体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINE MUSICで音楽業界に参入したLINEの「本気」と「覚悟」 — LINE MUSIC 高橋明彦氏

LINE MUSICで音楽業界に参入したLINEの「本気」と「覚悟」 — LINE MUSIC 高橋明彦氏

LINE MUSICで音楽業界に参入したLINEの「本気」と「覚悟」
LINE MUSIC 高橋明彦氏 インタビュー

LINE MUSIC 株式会社 取締役
高橋明彦
 2013年の夏、LINEが音楽サービスについての構想を発表し各方面に衝撃が走った。同年内のリリースという話もあり、その動向に誰もが注目していた。それから約2年、ソニーミュージック、エイベックス、そして後ほど参加のユニバーサルミュージックとの共同出資企業「LINE MUSIC株式会社」が手がけるサービスとして「LINE MUSIC」はスタート。国内5,800万人という圧倒的な登録ユーザーを持つLINEと連携ができるというのは、やはり他のサービスにはない唯一無二の特徴と言っていいだろう。本格的に普及が始まった音楽ストリーミング市場で、LINE MUSICはどのように展開していくのだろうか。
(Jiro HONDA)
2015年7月17日掲載

LINE MUSIC
LINE MUSIC MAGAZINE
LINE MUSIC facebook
LINE MUSIC Twitter
LINEアカウント(LINE ID: @line_music)

揃った3要素「LINEの成長」「デバイスの進化」「市場変化」

—— LINE MUSICのローンチがこのタイミングになった経緯というのは?

高橋:事業アイデアとしては、LINEの前身時代からありました。もう4年ほど前になりますが、音楽という万人に愛される魅力あるコンテンツを活かして何かできないかということで、その時あった企画の一つがサブスクリプション型音楽配信サービスでした。ちょうどSpotifyも海外で勢いを増し始めていた時で、同じようなことが日本でできないかなと思いまして。それで、各レーベルさんに話をしにいったのですが、その時は全然相手にしてもらえず(笑)ペンディングになっていました。その後、おかげさまでLINEが成長し登録ユーザー数も現在では国内5,800万人になり、やっと音楽業界を盛り上げることのできるパートナーとして認めていただけたのか、改めてその企画が実現できる状況が整いました。

—— 4年越しの企画だったんですね。

高橋:デバイスの進化も、今回実現できた背景にあります。基本的にストリーミングで利用するサービスモデルなので、スマートフォンおよび通信環境の普及によりストレス無く使える状況になったというのは大きいですね。

もう一つは、市場の変化です。海外でのストリーミングサービスの成功例や、それを求めるユーザーの声もあって、国内でもマインドチェンジが徐々に進んできました。CDやダウンロードとのカニバリゼーションに対する懸念も薄まり、ストリーミングへの期待も合わさって、各方面の機が熟したのかなと感じます。

ですので、ユーザーから見ると「どうして一斉に定額サービスが始まったの?」という感じがするかもしれませんが、今申し上げたような色々な事情もあって、偶然この時期が新しい市場にプレイヤーが揃うタイミングだったんだと思います。

—— そしてリリースからたった2日で100万DLを突破(※)し、その後も順調に伸びているようですね。

高橋:おかげさまでDL、再生数ともに伸びていまして、さらにユーザーのアクティブ率が予想以上に高く、我々も驚いています。再生時間のパラメーターなどを見ると、本当にしっかり使っていただけているんですね。その数値がユーザー数とともに日々増加しているので、まずはみなさんに受け入れていただけたのかなと。

※開始後、1ヶ月(7月9日の時点)で430万DL、4億再生を突破している。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。