ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTCOM、訪日外国人向けプリペイドSIM自販機を成田空港に設置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTコミュニケーションズは7月24日より成田国際空港第1ターミナルおよび第2ターミナルの国際線到着ロビー1Fに訪日外国人向けプリペイドSIMやスマートフォン、モバイルルーター、アクセサリーなどを取り扱う自動販売機を設置すると発表しました。関西国際空港、AQUA CITY ODAIBAに次ぐ3機目となります。
自動販売機は英語と中国語に対応したタッチパネル方式。パスポートスキャンや契約者情報の入力もでき、SIMカードの開通手続きを行うことができます。クレジットカード決済に対応しており、日本円に両替をする必要がありません。

 取り扱うプリペイドSIMは、Prepaid SIM for JAPAN 7日間(税抜3,450円)とPrepaid SIM for JAPAN 14日間(税抜4,950円)の2種。

Prepaid SIM for JAPAN 7日間

Prepaid SIM for JAPAN 14日間

いずれも100MB/日で受信時最大150Mbps/送信時最大50Mbps(容量超過時の最大通信速度200Kbps)。SIMカードサイズは標準・micro・nano3種用意。

 

設置場所は以下を参考に。

第1旅客ターミナル中央ビル本館1階

 

第2旅客ターミナル本館1階

 

(文・SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP