ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

娯楽は耳で楽しむ!米国生まれのオーディオエンタメアプリが日本に初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
audible_1

世界最大のオーディオエンターティンメントコンテンツサービスとして名高い「Audible(オーディブル)」が、とうとう日本にもローンチ。

7月14日より、正式に提供を開始した。

音声化した書籍を配信する“オーディオブック”サービスとして、1995年にアメリカで誕生した「Audible」。

現在、利用可能なコンテンツは、21万5000タイトル以上。世界各国で親しまれ、利用ユーザーは、数百万人に上るという。

・月額1500円で聴き放題

audible_2

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリアに次ぎ、6か国目となる日本では、サービス展開にあたり、無料のAndroid版アプリを用意。

これをスマートフォンにダウンロードすれば、月額1500円で、コンテンツが聴き放題になる。

ジャンルは、ビジネス書籍や名作文学、落語に童話など、さまざま。

ナレーションには、古谷一行、竹中直人、岸田今日子ら、一流の俳優陣が起用されている。

さらに、小説家・島田雅彦氏との、日本上陸記念スペシャルコラボも実施。オーディオブックの歴史を振り返るスペシャルコンテンツ「作家 島田雅彦氏が語る朗読の世界」も、聴くことができる。

・通勤途中や移動中、いつでもどこでも気軽に聴ける

audible_3

満員電車の中でも、本を広げることなく、情報を取得できるのが、このサービスのいいところ。

アプリには、朗読スピードの調節や、就寝前に読書するための、スリープタイマー機能も実装。シーンに合わせて、使い分けることも可能だ。

海外では、コンテンツ利用の手段として、広く認識されているオーディオブックサービス。

“耳で聴く娯楽”が、日本でどう受け入れられるか、要注目である。

Audible

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。