ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京都内でおすすめのプール施設まとめ(海浜公園から室内プールまで)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

はじめまして、ライターのヘルメです。

ジトジトした梅雨が明け、気温の上昇とともに今年も夏がやってきましたね!
さて、そんな今日は、東京都内でおすすめのプール施設をご紹介したいと思います。

「夏といえば海!」と言い切りたいところですが、大人の諸事情により海まで出るのはちょっと辛いという方、わたしは流れたり、流されたりといったアトラクションを楽しみたいんだ!という方、どちらでもなく、ただ、プールに行きたいんですけど・・・というあなたも、ぜひ参考にしてみてください!

東京都内のプール四天王

よみうりランドプールWAI

http://www.yomiuriland.com/wai/

 営業日時
7月1日〜9月13日 10:00〜17:00
※日にちによって営業時間が前後します。

アクセス
京王線よみうりランド駅からゴンドラ「スカイシャトル」で5〜10分。もしくは、小田急バスで5分。小田急線読売ランド前駅から小田急バスで10分。

入場料金
おとな 2,900円(遊園地入園とセット)/ こども 1,900円(遊園地入園とセット)

5つのプールと3種のスライダーが楽しめ、さらに、水深5m・最大高さ2mの飛込み台が設置された本格ダイビングプールもある日本最大級のプール施設。トップ画像のお姉さんは“あくまで”イメージだと思います!

としまえん

http://www.toshimaen.co.jp/pool/index.html

 営業日時
6月1日〜8月30日 10:00〜17:00(8月は9:00〜18:00)
※日にちによって営業時間が前後します。

アクセス
西武池袋線 / 都営大江戸線 / 西武有楽町線「豊島園」駅下車徒歩1〜2分。

入場料金
おとな 1,000円 こども 500円

としまえんプールの魅力は、なんといっても「ハイドロポリス」。
バラエティに富んださまざまなタイプのスライダーを楽しめるのが魅力となっております。また、ここの「流れるプール」は“世界初”なんだそう。
としまえん自体はプールだけでなく映画やショッピングも楽しめるので、友人や家族連れでも楽しめるはずです。プール後にとしまえんを楽しむのであれば、疲れすぎないよう、ほどほどに。

東京サマーランド

http://www.summerland.co.jp

 営業日時
7月1日〜9月30日 平日10:00〜17:00 / 土日祝9:00〜20:00
※日にちによって営業時間が前後します。

アクセス
JR中央線八王子駅からバスで約30〜35分。
JR五日市線秋川駅からバスで約10分。

入場料金
おとな 3,500円 こども 2,500円

東京サマーランドは、冒険体験型ウォーターエリアの「アドベンチャーラグーン」ゾーンと、雨が降っていても楽しめる全天候型屋内プール「アドベンチャードーム」ゾーンの2つに分かれております。おすすめはなんといっても昨年オープンした全高約24m、コース全長約131mの日本初登場「DEKASLA」(デカスラ)。

また、総水路延長日本最大級(650m)の流れるプール「グレートジャーニー」も魅力的。天気がよくても楽しめますし、大勢でやっと日程合わせたけど天気が心配!という方にもおすすめです!

国営昭和記念公園プール

http://showa-kanricenter.jp/event/2015_summer/index.html

 営業日時
7月19日〜8月17日 9:30〜18:30 / 8月18日〜9月7日 9:30〜18:00
※7月の平日は17:30まで、9月の平日は16:30まで

アクセス
JR中央線立川駅より徒歩10分

入場料金
おとな 2,300円 こども 1,200円 幼児 300円

9つのプールを持ち、首都圏最大級の総面積63,000㎡は、東京ドームの約1.4倍!
温水シャワー、ヘアドライヤー、脱水機、エアーコンプレッサー(浮き輪空気入れ)を設置しており、すべて無料で利用できます。
また、小さなお子さんでも安心に楽しめる水深のプールをはじめ、お子さんの身長に合わせた各プールがあり、施設内の昭島管理棟には「赤ちゃん休憩室」(無料)も完備。お子さん連れに優しいプールになっています。

いっそ海まで行ってみたくなった方はこちら

読んでいたらむしろちょっと遠出してでもいいから、海沿いのプールにまで行きたくなっちゃったんだけど・・・。そんな方には隣県の海浜公園プールがおすすめです。

稲毛海浜公園プール

http://www.cga.or.jp/004005/index.html

営業日時
7月18日〜8月31日 9:00〜17:00(入場は16:00まで)

アクセス
JR稲毛駅西口よりバス「海浜公園プール行」「海浜公園入口行」「高浜南団地経由海浜公園入口行」にて下車徒歩5分

入場料金
一般 1,100円 小・中学生 400円

隣の千葉県美浜区にある稲毛海浜公園プールは、50mプールから造波プール、ウォータースライダーまで勢揃い。プールの総敷地面積は53,573㎢にもなる大型プール施設です。
また、稲毛海浜公園にはバーベキュー場もあり、プールだけでなく、家族や家族ぐるみでの休日を過ごすにはもってこいの場所かと思います。磯の香りを求めていた方は、すぐ近くにある日本初の人口海浜「いなげの浜」をおすすめします。

辻堂海浜公園

http://www.kanagawa-park.or.jp/tujidou/pool.html

営業日時
7月11日〜9月13日 9:00〜18:00

アクセス
JR辻堂駅南口からバスで10分ほど。
「辻堂海浜公園」「辻堂海浜公園入口」で下車。

入場料金
おとな 930円 こども 210円

千葉の次は、神奈川県辻堂にある辻堂海浜公園です。一番人気は、老若男女さまざまな方に楽しんでいただけるよう6つのプールが複合した「ジャンボプール」。プール専用車椅子や昇降リフトも完備されています。また、辻堂海浜公園が湘南工科大学と連携し、公園内の池やプールの水面を利用して、誰もが楽しめ、運動でき、癒されるビギナーズカヌー体験も行っています。
小・中学生のお子さんがいらっしゃる方で、早いところはもう学校が夏休みに入りはじめているところかと思います。
おじいちゃんおばあちゃんも含めた家族全員で、夏の休日を辻堂で過ごしてみるのもいいのではないでしょうか?

もう本気で泳ぎたくなっちゃった方はこちら

その気持ち、わかります。もっと水面と自分のカラダの触れ合いを微細に調整していく中で生まれてくる推進力の高まりとかそういうものを感じたくなっちゃったんですよね。
そんなあなたが求めているのは単なる「水遊び」ではなく、「水泳」という名のトレーニングでしょう! ということで、しっかり、25m/50mレーンがある室内プール施設をご紹介します。

東京体育館プール

http://www.tef.or.jp/tmg/pool_top.jsp

利用時間
平日9:00〜23:00 土曜日9:00〜22:00 日曜祝日9:00〜21:00

アクセス
JR線/東京メトロ線「千駄ケ谷」駅徒歩1分。

利用料金
一般 600円 中学生以下 260円
※いずれも2時間半の利用料金です。

出ました東京体育館。徳川家正氏(徳川宗家17代)の所有地に建てられ、1964年にはオリンピックの会場として利用された歴史ある体育館です。
プール施設は、25mプールが6レーンと50mプールが8レーンあり、個人での利用のほかにサークルへの貸し出しも行っています。
また、水泳教室をはじめとするプールプログラムも充実。アクセスがとってもよく、夜遅くまで開館していますので、学校終わり・仕事終わりにプールで一汗かきたい方にはおすすめです!

横浜国際プール

http://www.waterarena.jp

利用時間
平日9:30〜22:30 土日祝7:30〜21:30

アクセス
横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田」駅から徒歩5分。
※駐車場が約270台あり、利用料金は2時間300円となります。

利用料金
おとな 700円 中学生以下 350円
※いずれも2時間の利用料金となります。

横浜国際プールにはコース幅2.5mの国際公認の50mプールが10コースあります。
可動床利用により水深0m〜3.5mまで設定可能なので、さまざまな競技に対応できますが、個人利用では1.2mに固定されています。
大会開催時以外は個人利用ができますので、ホームページで利用状況を確認して、トレーニング励んでください!

さいごに

いかがだったでしょうか?
すでに開園しているところもいくつかありますので、それぞれのプールの特徴も把握した上でぜひプール選びの参考にしてみてください。
夏が来る前にお腹周りを絞っておかねばならなかったのに!と思っちゃった方がいらっしゃるかもしれませんが安心してください。50mプールでトレーニングして来年に備えましょう!
それでは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。