ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Webで次に来るトレンドが「赤ちゃん」な件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、PRチームのツベルクリン良平です。
最近、「動画が流行ってる」という、のっぴきならない噂を聞きまして、業務時間中に一日中YouTubeを見ていました。すると、これから絶対に来るであろうWebの新たな潮流を発見したのでお伝えします。

それは・・・。

「赤ちゃん」です。

そう、赤ちゃん。パララックスだのフラットデザインだのの次は赤ちゃんです。バブバブーって可愛い赤ちゃん。生まれたら「天使降臨」って言われがちな赤ちゃん。
どういうことか、動画を例に出して詳しく説明しますね。

ただ泣いているだけで3000万再生

こちら、母親らしき人物が歌い出すとなぜか赤ちゃんが泣き出します。たったそれだけで3000万再生です!
赤ちゃんらしくギャーギャー泣くんじゃなくて、涙を流すのをこらえたあとに、静かに泣くのがまた良い。これがなーんとも可愛いんですね。最後に頭を抱えるところもきゃわわ~!

赤ちゃん「うおお! 歌! すごい! これが文化の力! 切ない歌を聞いて気持ちが切ない! これは泣く!」

そんな心の声が聞こえてきますね。生後数ヶ月の赤ちゃんでも「切ない」って感情があるんだなぁ。そう感慨深くなります。だから、すごく再生されている!

ただマシュマロを食べているだけで200万回再生

うおお〜。赤ちゃんがマシュマロを食べていますよ。食欲! 食い意地の発露!!

これほど無邪気に、純粋な気持ちでマシュマロが食べられるだろうか!? 僕は「YES」とは言えません。マシュマロ、最近食べてねーですし。
しかも2人で分けるんですよ〜〜〜? 普通、独り占めすると思いません? 赤ちゃんって理性の効かない利己的な存在の気がしません?  それがシェアしているんですよ。これが本能に刻まれた思いやりの心じゃ〜〜〜い! だから200万再生!!

僕もこの赤ちゃんを見習って、食べ物をシェアしようと思います。僕を定食屋で見かけた方は、声をかけてくださるとその場で定食をシェア!

赤ちゃんが笑っているだけで3000万再生

笑っているだけだ〜〜〜〜〜!! 赤ちゃんが! 笑っているだけで!! 3000万再生〜〜〜〜!!!!!

僕が笑っている動画なら10再生もいかないでしょう。たぶん、あなたもそれぐらいです。でも、赤ちゃんなら3000万なんです!

これが赤ちゃんの力! ベイビー・パワー!! 数字を持っている男!!!

この動画を見ているうちに自然と笑顔になりましたし、なんか腰痛も治りました。

よくわからないけど6000万再生

よくわからないけど、6000万再生が出た〜〜〜〜〜!! ネット人口で考えると100人に1人は見ているんじゃないでしょうあk!?
この動画、お父さんが高笑いすると子どもがビックリして泣き出しちゃう。顔をクシャクシャにして泣いています。

「赤ちゃんってこんな顔するんだぁ」とは思いましたけど、これが6000万!?

未知なるパワーが働いていますね。逆に教えてください。何で6000万再生なのかを。博識でIQ180の方、教えてください。

猫と一緒に遊んで1500万再生

ぎゃー!! 赤ちゃんと猫が遊んでいますよ!? ほとんど凶器です。可愛い警報、発令中!
ここに新たな方程式が誕生しました。

ベイビーパワー + キャット・パワー = 1500万再生

この2つが合わさったら向かうところ敵なしですね。キン肉マンで言うところの、悪魔超人バッファローマンと覆面超人モンゴルマンのタッグ・チームみたいな!? 最強×最強で無限大じゃ〜〜〜〜〜い!

まとめ

バブバブバブブー! バブブー! バブババウウウウウ! バウババウバブウブブブ?
ばぼおぼばおばおけおhふぉあkばばおいえあふぁklfじゃばhkfdじゃsf;でゃほ!!

ボッ。

ふぅ、赤ちゃんの動画を見すぎて、思わず赤ちゃんと同化してしまいました。
そして、赤ちゃんの動画をたくさん見て癒やされている自分を発見したんですね。心に溜まったストレスが少しずつ溶けて、蒸発して空に帰っていくような、そんな気持ちに包まれました。

「オレ ツカレテル ネコ カワイイ」

それと同時に、可愛い赤ちゃんやらネコちゃんやらが世界中でこれだけ再生されるってことは、それだけ「世界が疲れている」のだと思いました。頑張ろう。

みなさんもWebでコンテンツを作るときは「赤ちゃん」を意識してはどうでしょうか? 効果が倍増じゃ〜〜〜〜い!! 猫も足すとさらに倍!?
それでは皆さん、この辺で。バブブー!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP