ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金村義明氏がセ予想を巨人1位に変更 中日は修正後も最下位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰がこんな状況を予想しただろうか。セ・リーグは一時は全球団が借金を抱え、オールスター前の折り返し時点で首位は横浜DeNAベイスターズ。この結果を受けて、野球評論家の金村義明氏が改めてセ・リーグの順位予想をした。

●開幕前予想
【1位】広島、【2位】阪神、【3位】巨人、【4位】ヤクルト、【5位】横浜、【6位】中日

●修正順位予想
【1位】巨人、【2位】阪神、【3位】ヤクルト、【4位】広島、【5位】横浜、【6位】中日

 * * *
 いやァ、僕も評論家を15年やっていますけどね。こんなシーズンは初めてですわ。こうなれば、どこが先に落ちていくかの消去法になります。

 開幕前に僕は広島を1位と予測しました。ですが、広島はもう……厳しい……。機動力を使うでもなく、広島名物の全員野球をやるでもない。緒方采配には「広島らしさ」がなく、「?」マークがつくことばかりです。

 6球団を見渡すと、選手層の厚い巨人が目につきます。

 ただ断わっておくと、今年の巨人はそんなに強くないですよ(笑い)。それでも結果的には巨人が残ると思う。理由は12球団トップの防御率を誇る投手陣。接戦を制するにはやはり投手力がモノをいいますから。その巨人を脅かす球団があるとすれば藤浪晋太郎、メッセンジャー、岩田稔、能見篤史と4本柱がしっかりしている阪神ですね。抑えの呉昇桓もいい。

 クライマックスシリーズ(CS)を考えると3位争いが見どころになるが、これはヤクルト、広島、横浜の勝負になるでしょうね。台風の目はヤクルトかな。横浜も前半は頑張ったけど選手層が薄い。ここに来て、ヤクルトの投手陣のほうが安定感が出始めました。

 中日は修正案でも最下位。チームは若手に切り替えていく意思表示をしている。勝負できるのは来年以降でしょうね。

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
阪神補強「捕手9人や左投手ばかりで意味不明」と金村義明氏
金村義明氏が中日最下位を予想「谷繁がマスク被るようでは」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP