体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当にモテる男性が実践している「紳士的な8つの行動」。ベタだけど、できる人は少ない!

shutterstock_295747112のコピー

当たり前のようにレディーファーストでスマートに女性をもてなす。欧米の男性にはそんなイメージがありますよね。でも、最近ではそんなジェントルマンは減りつつあるようです。

大人気ブロガーJames Michael Sama氏が、世界の草食系男性へ「紳士的な8つの行動」を提案しているのでご紹介。これなら日本の男性も実践してくれるかもしれません。

shutterstock_270057170_R

女性と話をすればするほど、紳士的な男らしさは消えてしまったのだと気づく。つまり、その象徴だったレディーファーストの行動がなくなってきたのだ。
でも、この8つの行動は男性がもう一度取り戻すべきだと感じる。

shutterstock_126579080_R

01.
これは基本!
交通機関で席を譲る

バスや満員電車で席を譲ることは、今となっては少ないかもしれない。でも、それは相手に敬意を示す行動だ。携帯をいじってばかりの若い男が席に付き、女性やお年寄りなどの敬意を払われるべき人が立っている光景を見ると少し腹が立つ。周りの状況を把握し、適切な行動をとることができていない。

電車やバスで席を譲れる男性は、7人中1人くらいだろう。

02.
椅子を引いてあげる

shutterstock_187720442_R

シンプルだが、これもなかなか見かけない。わざわざ相手のところまで行って椅子を引く必要もないが、手が届く位置にあれば、してくれると嬉しい動作。

女性のために椅子を引く男性は5人に1人くらい。つまり20パーセント以下だろう。

03.
車のドアでさえ
開けてあげる

shutterstock_273396935_R

ドアを開けることは一日に何度もあるはず。だから、これはレディーファーストの基本で、最も簡単なもの。誰かのためにドアを開け、先に通してあげる数秒間が、その一日を無駄にするようなことはないはず。

車のドアも同じ。男性が車を降りてドアを開けてくれると女性は非常に喜ぶ。こんなこともしない男性が多いのは不思議だ。

04.
高ポイント!
電話でデートに誘う

女性をデートに誘う時、メールではなく電話をすると、ライバルに驚くほど差をつけることができる。しかも、彼女の声でどれくらい楽しみにしているかを知ることも可能だ。

05.
とにかく褒める

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。