体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トレンドカルチャーと音楽の中で自由に遊ぶ、特別なパーティ LIQUIDROOM 11th Anniversary 「CULPOOL」-wave01 –

CULPOOL_IN

2015年7月18日(土曜日)23:00よりLIQUIDROOM 2階のLIQUID LOFTをメインに開催される「トレンドカルチャーと音楽の中で自由に遊ぶ、特別なパーティCULPOOL(カルプール)」のライブ出演者第二弾とタイムテーブルが発表になった。

既に発表されている2015年大注目のニューカマー「The fin.」「never young beach」「iri」「agraph」に加え今回発表されたのは、気張らない歌声やゆるいビート、皮肉と風刺がたっぷり効いた歌詞で話題の「綿めぐみ」、GREAT 3のベーシストであるjanと天性の歌声をもつnaomiによるデュオ「jan and naomi」、数多くのショーや雑誌でモデルとして活動する傍ら、音源の制作やDJなど音楽活動も積極展開中の「Diana Chiaki」。

同時にタイムテーブルも発表。パーティの前半は「The fin.」「綿めぐみ」「iri」「never young beach」といった音楽界に新たな風をもたらす2015年注目のニューカマーたちがアコースティック・セット等でライブを展開。後半は「jan and naomi」のライブからMorioka Yoshihiro (GEKITETSU)とYOSHIROTTENによるハイレゾ音源のプレゼンテーション「CULPOOLMUSIC EXPERIENCE」、「Diana Chiaki」のパフォーマンス、最新アップデートを遂げた「agraph」のライブと続く。またTime Out Cafe & Dinerでのスペシャル・メニュー、カジノゲーム、ファッションアイテムの展示はオープン~クローズまで好きな時間に楽しめる。

鳴り止まない音楽とトレンドカルチャーを存分にお楽しみあれ。

チケットを事前購入の方にはCULPOOLステッカーとフード&ドリンクやCULPOOLグッズが当たるポーカーを1ゲーム無料でプレゼント。イベントの最新情報や出演アーティストやスタッフがオススメする、音楽やライフスタイル関連の情報をオフィシャルサイト<http://culpool.tumblr.com>やFacebook、Instagramで随時公開中。開放感と新しいことが始まる予感がいっぱいのCULPOOL開きは7月18日(土曜日)23:00から!

 

◯CULPOOL’S LIVE ACT

agraph -Live Set-

The fin. -Acoustic Set-

never young beach -Acoustic Set-

iri

jan and naomi[new!!!]

綿めぐみ[new!!!]

Morioka Yoshihiro (GEKITETSU)[new!!!]

Diana Chiaki[new!!!]

YOSHIROTTEN[new!!!]

※ステージは場内3箇所に設置。アコースティック・セットやDJセットなど、ステージごとに違ったアプローチでライブを展開。今までとはひと味違うライブとなる。

 

◯CULPOOL’S MUSIC EXPERIENCE

高音質スピーカー《ムジーク》を使用。迫力のある高音質環境で話題のハイレゾ音源が楽しめます。また2015年4月代々木にオープンした、ハイレゾ音源とアナログレコードを楽しめるSpincoaster Music Barの出張企画や、ハイレゾレコーディングされた日本の森、川、波の自然音を使用したYoshihiro Moriokaによるトラックと国内外から注目を集めるアートディレクターYOSHIROTTENによる映像のパフォーマンスを展開。CULPOOLならではの音楽体験だ。

協力:株式会社イースタンサウンドファクトリー、音楽キュレーションメディアSpincoaster

 

◯CULPOOL’S RESTAURANT

Time Out Cafe & Dinerでは通常メニューに加えて、下北沢《salmon&trout》のシェフ森枝 幹氏プロデュースのCULPOOLオリジナルフードメニューを提供。-197℃の液体窒素と季節のフレッシュフルーツを使ってその場で作るジェラードなど見た目にも楽しいお料理が楽しめる。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。