ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Exynos 7580を搭載したGalaxy S5 Neo(SM-G903F)が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Galaxy S5 Neo(SM-G903F)」を名乗る Samsung スマートフォンがGFX Bench の公式サイトに出現しました。Galaxy S5 Neo は今月中に発売される新型スマートフォンで、噂では、Galaxy S5 の筐体をそのまま使って、内部仕様を変更していると言われています。同サイトによると、SM-G903F は Android 5.1(Lollipop)、5.6 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Exynos 7580 1.6GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載しています。スペックは概ね噂通りなのですが、ディスプレイサイズが 5.6 インチと噂の 5.1 インチとは異なっています。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
DropboxのAndroidアプリがv3.0.1にアップデート、コメント機能やGIFアニメの再生をサポート
TV SideViewアプリがニコニコ動画の視聴やBluetooth音声出力に対応
Motorola、7月28日にニューヨーク・サンパウロ・ロンドンで新製品発表イベントを開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP