ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【これは欲しい】カタチを自由自在に変えられる「ドーナッツ型テント」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって最近では、ワンタッチ式の簡易テントも人気のようです。でも、このテントなら、そんな煩わしさから解放されるだけでなく、キャンプ場で一番の注目を浴びること間違いなし!

円筒形のドーナッツ型テント「Camping Doughnut」をデザインしたのは、韓国・龍仁大学に通う学生3人組。このテント最大の特徴はその汎用性にあります。従来の折りたたみ式の概念を覆す、キャンプシーンに合わせて4パターンに組み替え可能な優れもの。

米情報サイト「Mental Floss」が紹介する記事によれば、2014年、デザインの登竜門「Spark Award」で、決勝までノミネートされた「Camping Doughnut」。惜しくも最優秀賞は逃したものの、独創的なアイディアに注目が集まり、現在発売に向けて改良中なんだそう。

 

アルファベットの「C型」「I型」「O型」「S型」の4タイプに形状を変えることで、まったく違った用途が生まれます。たとえば…一直線の「I型」に使用する場合、2つのプライベートルームに共有リビングルームが1つ。2名〜4名の使用に最適。
半円形の「C型」の場合、3方向に窓を開けられます。テント前面には広いスペース。キャンプファイヤーなどには十分なスペースが確保できます。
すっぽりドーナッツ状になる「O型」は、テントの中心部にプライベートな中庭空間が出現します。これなら風よけにもなるので、木々が周りにない平地での使用に最適。

最後は、ふたつのテントがちょうど反対向きとなる「S型」。たとえば、2家族でキャンプに出かける際でも、これ1つあれば、きちんと区分けしたスペースが確保できます。テーブルや椅子を出してくつろぐエリアも2カ所に展開が可能。

キャンプ時の問題点のひとつが、風に左右される火の管理ではないでしょうか。強い風の中では料理もたき火も苦労します。その点、「Camping Doughnut」は上部の写真からも分かるように、人の背丈ほどの高さがあるチューブが風よけとなり、キャンプファイヤーやBBQの火が影響を受ける心配もなさそう。浜辺に設置しても大丈夫のようです。

ところで、いったいどこくらいの大きさなの?相当のサイズを予感させますが、円筒を収納していくとだいぶコンパクトにまとまるようです。もしも、トランクルームが一杯でも、これなら安心ですね。
多様で居心地のいい空間が得られる「Camping Doughnut」がキャンプ場に登場する日は、そう遠くないかもしれませんよ。

 Reference:Mental Floss
Licensed material used with permission by Yanko Design

関連記事リンク(外部サイト)

キャンプ界の革命児「テントサイル」から新モデル発売。アウトドアの常識を変える!
30年前にデザインされた「キャンピングカー」の中身が衝撃だった・・・!
【1,600万回再生】米国発!「空飛ぶウォータースライダー」に話題殺到

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP