ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界に照準するわーすた、初の40分ライブで「いぬねこ。青春真っ盛り」:Girls Street EXPO 2015レポその1

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の春に結成した5人組で、世界に照準を合わせ活動するデジタルネイティブ世代アイドル わーすた(ざ・わーるど・すたんだーど)が、7月12日に新木場STUDIO COASTにて開催された【Girls Street EXPO 2015】へ出演した。

わーすた その他のライブ写真一覧

 クリエイターとパフォーマーの融合による新エンタメプラットフォーム Girls Street 2020の発足初年度最大のイベントとして、avexアイドル専門レーベル iDOL Streetに所属するアイドルたちが総出演したこのイベント。同レーベル内で最も若いグループとなるわーすたはメインステージのトップバッターという大役にして、自身初となる40分のステージを体験することに。

 Girls Street 2020に所属するクリエイター女子の鈴木まなかがサウンドプロデュースを担当しているわーすたは、ダンサブルなビートとキュートな世界観が同居した独特のサウンドが大きな特徴のひとつだ。また、楽曲は「らんらん・時代」「Doki Doki□today 」など独創性の高い曲名や歌詞になっているのだが、中でも最もインパクトが高いのが「いぬねこ。青春真っ盛り」になるだろう。

 現在使用している衣装には猫の耳も付いている彼女たちだが、ステージ上を駆け巡りながら“わんわんにゃんにゃん”と愛嬌を振りまくる5人に呼応して、ファンも客席を縦横する様子はやはり異様だ。そんな同曲で自身らのステージを締めくくったわーすたは、その後も握手会や撮影会、メインステージで行われたグランドフィナーレとアクティブに活躍。先輩たちに負けじと、会場に集まったアイドルファンに存在感をアピールした。

 なお、まだ音源リリースなどは決定していない彼女たちだが、この夏は【TOKYO IDOL FESTIVAL2015】をはじめ各地でのイベントやフェスへ出演することが決定している。ビジュアルレベルの高さとフェミニンな世界観は混沌を極めるアイドルシーンでひとつ抜けている感もあるが、彼女たちのステージは観客が携帯電話で写真や動画を撮影することが認められているのも特徴だ。どこかのイベントで見かけた際は、楽曲の特異性を楽しみつつ5人を撮影してみてはいかがだろうか。

※□はハートマーク
撮影:杉岡祐樹

◎わーすた イベント出演情報
【Happy Jam:3.02】
7月19日(日) 関西テレビ1F カンテレホール なんでもアリーナ
【SEKIGAHARA IDOL WARS 2015 ~関ケ原唄姫合戦~】
7月20日(月・祝) 桃配運動公園(モモクバリウンドウコウエン)岐阜県不破郡関ケ原町野上
【CBCラジオ夏まつり】
7月25日(土)名古屋・栄 光の広場ステージ
【走るひと Presents 「ノンストップ全力ライブ」 supported by adidas / New Balance】
7月29日(水) 新宿BLAZE
【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】
8月1日(土)、2日(日) お台場・青海エリア
【IDOL NATION × TOKYO IDOL FESTIVAL ~KOO MEETS IDOL KOO輩 大集合!~】
8月3日(月) 国立代々木競技場 第二体育館
【DOUBLE COLOR session8 ~@JAM EXPO直前スペシャル~】
8月20日(木) 新宿BLAZE
【お台場夢大陸 めざましライブ】
8月27日(木) 夢大陸オマツリランド内「SUPPER GATEスタジアム」
【@JAM EXPO 2015】
8月29日(土) 横浜アリーナ
【アイドルプラネット プレミアムLIVE 2015】
9月27日(日) Zepp DiverCity Tokyo
【新人公演】
7月24日(金)~8月28日(金) 秋葉原カルチャーズ劇場

関連記事リンク(外部サイト)

スパガやチキパらiDOL Street総出演イベントで見せたそれぞれの魅力と、世界を狙う新星 わ→すたの初アクト
スパガやチキパに新たな妹分、iDOL Street第4弾グループ“わ→すた”メンバー明らかに
井上陽水のニューアルバムより、セルフライナーMVが4作公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP