体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シシド・カフカと斉藤和義が『JOIN ALIVE』でコラボ

7月18日に北海道いわみざわ公園で行われる『JOIN ALIVE』でのシシド・カフカのステージに、斉藤和義がゲスト参加することがわかった。

シシド・カフカ (okmusic UP's)

6月17日にリリースしたセッション・ミニアルバム『K5(Kの累乗)』で共演し、斉藤和義がプロデュースした楽曲「Don’t be love – feat.斉藤和義」はCXのドラマ主題歌にも起用され、配信サイトを中心にスマッシュヒットを記録。TVやラジオでも実現しなかったセッションがJOIN ALIVEでついに実現する。

また、6月17日に渋谷O-WEST行われたリリースライヴのダイジェスト映像が早くも公開された。大盛況のうちに幕を閉じ、確実に現代の音楽シーンにその存在を示した彼女。映像から伝わる美しくも熱いドラムプレイは必見だ。

9月5日にはZEPP TOKYOでのワンマンライヴ『ミディアム・レア』の開催も決定。2015年は神髄でもあるミュージシャン=シシド・カフカとしての活躍がとても楽しみだ。

シシド・カフカ 6.17「K5(Kの累乗) 」発売記念ワンマンダイジェスト 2015年6月17日
http://youtu.be/1rvVDZo5U6c

斉藤和義 (okmusic UP's)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
シシド・カフカ オフィシャルHP
フラカン×斉藤和義の対バンライブ、ゲストにハルカトミユキを加えて9月に川崎で開催

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy