ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】ドリカム コンプリートベストALが勢い止まらず首位キープ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから7月13日から7月15日までの集計が明らかとなり、DREAMS COME TRUEのコンプリートベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』が先週の勢いそのままに1位を走っている。

 『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』は、初週実売数30万枚超えを記録しており、7月20日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では圧倒的な数字で1位となった。その勢いは今週も止まらず、引き続きセールスを積み上げている。どこまでセールスを伸ばしていくのか注目だ。

 2位は、2PM・JUNHOの日本で3枚目となるソロミニアルバム『SO GOOD』。そして、TUBEのオールタイムベストアルバム『Best of TUBEst ~All Time Best~』が3位に。このベストアルバムは、TUBEがこれまでにリリースした35枚のアルバムと57枚のシングルの中から50曲を厳選して収録した大ボリュームの作品だ。4位は、主にWeb上で活動しているクリエーター・ユニット、HoneyWorksの3rdアルバム『好きになるその瞬間を。』。5位には、作曲家・岩崎太整による楽曲を収録したTVアニメ『血界戦線』オリジナル・サウンドトラックが入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2015年7月13日から7月15日までの集計)
1位:DREAMS COME TRUE『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』
2位:JUNHO (From 2PM)『SO GOOD』
3位:TUBE『Best of TUBEst ~All Time Best~』
4位:HoneyWorks『好きになるその瞬間を。』
5位:岩崎太整『TVアニメ「血界戦線」オリジナル・サウンドトラック』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】劇場版『ラブライブ』作品やはり強し、NMB48が追い上げる!
Especia MVフル公開&映画にもなった伝説のホール“味園ユニバース”でリリパ
V6が『SONGS』初登場 メンバートーク、貴重映像、スタジオライブでデビュー20周年を振り返る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。