体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありそうでなかった!?スマホ専用の感熱紙プリンター「droPrinter」

droPrinter

「スマートフォンのスクリーンを印刷できたら」と思ったことのある人にぜひチェックしてほしいプリンターが開発された。

スマホ専用のポータブルプリンター「droPrinter」だ。

・写真やメモなんでも印刷

droPrinterは、スマホとワイヤレスで連携し、スクリーンを感熱紙に印刷するというもの。

感熱紙なので当然のことながらモノクロになるが、ウェブサイト、イメージ、写真、メモなど、ほぼなんでも印刷できる。

なので、似顔絵やメモなどをスマホで作成してその場で相手に渡す、ということができる。使用感覚は、撮った写真がその場で印刷されるカメラ「チェキ」に近そうだ。

droPrinter2

・市販の感熱紙で

持ち運びを想定しているので、かなりコンパクトなのも特徴。8.6×10.5センチとバッグに十分収まる。

また、使用する感熱紙は市販のものでも大丈夫なので、リフィルも入手しやすい。バッテリーの持ちもよく、1回のフル充電による作動時間は120時間以上となっている。

意外にありそうでなかったスマホ専用プリンター、現在、資金調達サイトKickstarterでは65オーストラリアドルの出資で手に入る。

小規模店でレシート印刷機として使ったり、整理券をプリントして手渡したりと、使い方はいろいろありそうだ。キャンペーンは8月7日まで。

droPrinter/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。