ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【独占】『ターミネーター』シリーズ史上最大・桁違いのスケール! 迫力の未来戦争バトルシーン

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エンドスケルトン

SFアクション映画の金字塔『ターミネーター』シリーズ。日本公開から30周年を迎えるこの夏、アーノルド・シュワルツェネッガーが帰ってくる! 全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が大ヒット公開中です。

「ガジェット通信」では2029年の未来戦争を描いた迫力のアクションシーン映像「世界を取り戻せ編」を独占入手。本編映像をチラ見せしちゃいます。

1997年、「審判の日」に人工知能スカイネットの反乱により放たれた核ミサイルで30億人の命が奪われて以来、人類抵抗軍の指揮官ジョン・コナーは、希望を捨てず機械軍との壮絶な戦いに身を投じていた。滅亡の危機にあった人類は、機械軍を壊滅状態にまで追い込み、遂に、中枢部へと潜入することに成功。映像では、殺人マシン“エンドスケルトン”、“ハンターキラー”との手に汗握る攻防を繰り広げるのだが、果たして、人類に勝機はあるのか!?

本作の撮影開始に先立ち、キャストたちは数週間に渡ってトレーニングを敢行。実際の撮影では、スタント、格闘、激しいワイヤーワーク、武器の扱いなど多くの事を要求された。撮影も桁外れのスケールで行われ、プロデューサーのデヴィッド・エリソンは、

「『ターミネーター』シリーズの中で、最もスケールの大きいものだ。これまでのどの作品よりも大規模なアクションシーンがいくつもある。皆さんは、これまでに誰も成し遂げたことのない、完璧に描き込まれた(『ターミネーター』の)未来戦争の全貌を初めて目撃するだろう」

と自信たっぷり。

また『ターミネーター』の公開で注目を集める人口知能。スカイネットの反乱を描く本作はまさに、人類への警鐘でもある。指導者ジョン・コナーを演じたジェイソン・クラークは、

「人工知能が人間の知能を超えてしまった時点で、人類にとって補助的なものではなくなるだろうね。人工知能が主導となって、テクノロジーはより早く、さらに発展していくだろう。iPodが登場した時から考えると、現在の技術はかなり進んでいる。そのほかにも、チップ技術は心臓や肺といった臓器を再現している。テクノロジーの問題は複雑だ。良いこともあれば悪いこともある。する必要のないかもしれない延命も可能だ。我々を救ってくれるかもしれないし、我々を滅ぼすかもしれない」

と人口知能と戦い続けるジョン・コナーを演じるジェイソンならではの持論を展開しています。大迫力のバトル映像を刮目せよ!

『ターミネーター』シリーズ史上最大・桁違いのスケール! 迫力の未来戦争バトルシーン
https://www.youtube.com/watch?v=Kt7l3O5TXV0

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。