ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大分県広報CM「滑って転んで大痛(おおいた)県」に県民唖然

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月、「スターバックスコーヒー シャミネ鳥取店」がオープン。全国で唯一「スタバ」がなかった鳥取では「スタバはないけどスナバはあります」と平井伸治県知事が「自虐PR」したが、それも解消された。でも、実はどの県にだって恥ずかしい自虐ネタはあるんです。

【大分県】〈「おんせん県」で全国から叩かれてオーイタ!〉

 2013年、大分県は「おんせん県」という名称を商標登録にしたいと特許庁に申請。しかしこれに全国の温泉地が猛反発。県民がいう。

「県庁は申請を撤回。しかしその後の広報CMでは『(批判され)滑って転んで大痛(おおいた)県』とふざけた“自虐ギャグ”を展開。痛々しくて画面を直視できませんでした……」

【宮崎県】〈井戸端会議も近所付き合いもパチンコ屋で大フィーバー〉

 宮崎県は人口100人当たりのパチンコ台数が3.88台と全国トップ(2014年)だ。ある50代の延岡市の農業従事者がいう。

「他に娯楽がないだけ。競馬、競輪などの公営ギャンブル場もなし。特に農閑期の冬場は、多くの県民が時間を持て余している。それで自然とご近所がパチンコ屋に集まるんです」

【鹿児島県】〈酒は“キュー”っと、やったもんせ〉

 鹿児島県民のアルコール消費量は全国1位(2013年国税庁統計)だ。最も消費量が多いのは当然、芋焼酎。鹿児島市の50代女性が不機嫌そうに教えてくれた。

「一番危ないのは、『ソラキュー』という伝統的な薩摩焼の杯。底が尖った形状で、飲み干すまで杯を置けない。だから自然と一気飲みになって大の男がすぐヘロヘロになってしまう。後で介抱したり片付けたり、迷惑かけられるのはこっちだからイヤになる」

“薩摩おごじょ”がいるからこそ、男たちは安心して飲めるということか。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川内原発 国内最大級原子炉建設計画あったが着工時期は未定
国内最大のメガソーラー発電所 鹿児島でこの秋から稼働予定
薩摩の歴史研究者がソニー創業者等会津関連の人物紹介した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP