ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大砂嵐「アフリカ初の力士なので、先駆者として頑張らないと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年の名古屋場所で、横綱初挑戦にして、鶴竜と日馬富士から連日「金星」を獲得した大砂嵐(23才)。初挑戦から2日連続金星は史上初という記録まで打ち立てたスーパールーキーだ。

 エジプト出身らしい彫りの深いルックスに、引き締まった体。記者が「モテるでしょう」と声をかけると、「そやで(笑い)」とにやり。「(カッコいいと)いつも言われています。おおきに」と、おちゃめな顔を見せる。

「どこの部屋でも、アラブ人はこれまでいないからと断られた。大嶽親方が『やる気があれば、宗教や国籍は関係ない』と言ってくれて、すごくうれしかった。でも、実際に入ってみると本当に大変でしたよ。エジプトにはない上下関係にはびっくり。エジプトでは力が強い人が上という単純な関係。新人がトイレ掃除することもカルチャーショックだった。ぼくにはアラブ独特の文化がある。それに、お祈りや食事など、宗教のことも知ってもらわないといけなかった」

 イスラム教徒は戒律で豚肉が食べられないので、ちゃんこでも豚肉は避け、鶏でだしをとったものを食べなければいけない。最大の試練は、7月のラマダン(絶食月)だ。今年は6月18日~今月16日までで、名古屋場所に直撃する。取材中でも、稽古中に他の力士が水分補給をする中、大砂嵐だけはまったく水分を口にしなかった。

「朝3時半から夜7時半まで何も口にできないんです。ご飯はもちろん、水も飲めません。でもやるしかない。入門して4回目の名古屋場所ですが、ラマダンに当たるのは3回目。脱水症状にならないように親方がホースで水をかけてくれたりもしましたが、体が冷えて稽古にならないのでやめました。部屋では大勢でお風呂に入るのですが、最初は抵抗があった。でも、今じゃひとりで入るのは寂しいから、誰もいないと付き人を呼んで一緒に入るくらい大好きです」

 ラマダンの時期は稽古後に大好きな風呂へ入ると、部屋へ直行。エジプトのドラマやコメディーを見て、心を落ち着かせている。

 彼の口ぐせは「やるしかない」。夢の実現のため、家族のため、「大好きな相撲をしっかり覚えるため」、どんなことも頑張るしかないと語る。親方の師匠、故・大鵬親方からの言葉も心に響いた。

「四股、テッポー、すり足と基本を一生懸命やれば、すぐに関取になれると、励ましてくれました。エジプトにも我慢の文化はあるけど、日本はもっとすごい。謝りの文化も好きです。エジプトにはなくて、つい謝る前に説明をしてしまうけど、謝ることはすごくいいことだなって思う」

 将来は帰化して親方の道を歩むつもりか尋ねると、「今のことしか考えない」ときっぱり。

「ぼくが成功しないと、後が続かない。アフリカ大陸で初めての力士なので、責任が重大だと思っています。先駆者として、頑張らないとね」

 国境を越えた外国人力士たちの相撲へのひたむきな情熱は、相撲界を盛り立て、国技を支えている。「相撲を愛する気持ち」がそこに見えるからこそ、私たちは彼らを応援したくなるのだろう。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者
草野仁 故鳴戸親方は「読書家でインテリジェンス溢れる方」
エジプト 値上げすると暴動起こるためパン価格30年据え置き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP