体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「食べられる妖怪」が大集合!お菓子やお寿司に「扮した」妖怪をあなたの冷蔵庫にストック

妖怪&お化けをモチーフにしたスイーツやお弁当が15種類も勢揃いするイベントが開催される。

大丸浦和パルコ店では空前の妖怪ブームに合わせて2015年7月22日~8月4日の期間に、見ても食べても美味しい「食べられる妖怪」を販売する。

シュークリームで妖怪を表現したのは、<ダンテ>の妖怪シュー(324円※各日10個限定)
。全粒粉と竹スミを混ぜた真っ黒い生地が特徴だ。

パンになったのは<ベーカリースイーツ>の妖怪オバぱん!(162円)、妖怪メダぱん!(172円)、妖怪ヌノぱん!(140円)。チョコレートクリームやカスタードクリームが入っていて、インパクトのある見た目に、つい購入してしまいそうだ。

<アドリア>のからかさおばけ(420円※各日10個限定)は、アーモンドスポンジにチーズクリームとオレンジムースを重ねた甘いおばけのケーキ。

<スギモト>ぬりかべレバーカツ(230円)は、豚のレバーを使用したカツ。レバーカツの風合いがぬりかべソックリ。

<新宿秀吉>ようかい弁当(700円)は、弁当に数種類の妖怪たちを詰めた。

食べられる個性豊かな妖怪たちを、話題に敏感なあの方へのお土産にいかが?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。