ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シリーズ第3弾『アサヒ クラフトマンシップ ドライセゾン』発売 | ビール女子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アサヒビール株式会社(以下、アサヒビール)が、ビール文化を広く一般に伝えていく取組の一環として発売した「アサヒ クラフトマンシップ」シリーズから、第 3 弾となる『ドライセゾン』が 2015 年 7 月 22 日(水)からコンビニエンスストア期間限定で発売されます。

「アサヒ クラフトマンシップ」シリーズとは?

ビール醸造学のマスターの称号を持つアサヒビール社員がレシピや製法、味わいといった商品設計を監修。また、厳選素材を用い手間暇かけてつくるこだわりの逸品で、世界中で楽しまれている多様なタイプのビールをモデルに、季節に合わせた味わいを提案する。(アサヒビール HP より)

この季節だけの楽しみ「ドライセゾン」

「ドライセゾン」は上面発酵酵母とシトラホップを一部使用した、フルーティーな香りとホップの軽快な苦みが特長の麦芽 100% 生ビールです。すっきりとした軽快な味をつくり出すために上面発酵酵母を使用し、フルーティーな香りが特長のシトラホップを一部手で投入するなど、こだわりの製法で醸造しました。一般的なセゾン( *1 )よりも発酵度を高め、飲みやすさを向上させることで、ピルスナータイプのビールに慣れた日本人にも飲みやすく感じる味わいに仕上げられています。
*1 :セゾンとは、ベルギーとフランスの国境近くの農家で、夏場に飲まれていた自家製ビールが発祥と言われています。

味の特徴はレーダーチャートでチェック

シリーズ共通のデザインとして、缶体にどんな味わいのビールかすぐに想起できるよう、特長が一目で分かるレーダーチャートが表記されています。また、原料、仕込み、熟成などこだわりの醸造手法も記載されており、こちらも同シリーズの楽しみの一つです。

発売より前に樽生が楽しめる!

この『ドライセゾン』は発売に先行して、アサヒグループ本社ビルに隣接した直営ブルワリーレストラン「アサヒクラフトマンシップ ブルワリー 東京」(東京都墨田区吾妻橋 1-23-36 アサヒビールアネックス 2F )で、2015 年 7 月 15 日(水)より樽生が楽しむことができます! こちらのお店は、1995 年に東京で初めてクラフトビールを醸造したレストランで、同日にリニューアルオープンします。缶より先に、樽生で美味しさを確かめに行くのも良いかもしれないですね♪

第 2 弾のペールエールはお気に入りでリピ買いしてました! セゾンも楽しみだな~♪ (編集員:なな瀬)

【概要】

シリーズ第 3 弾 『アサヒ クラフトマンシップ ドライセゾン』

〇発売日: 2015 年 7 月 22 日(水)

〇品目:ビール

〇原材料:麦芽、ホップ

〇アルコール分: 5.5%

〇内容:缶 350ml 、500ml

〇エリア:全国のコンビニエンスストア

アサヒビール株式会社 ホームページ: http://www.asahibeer.co.jp/

カテゴリー : グルメ タグ :
ビール女子の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP