ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨大エキシビジョンで「アベンジャーズ」を体感! 著名人とのコラボフィギュアも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エントランスで出迎えてくれたのは、ホットトイズ製1/1スケールのハルクバスター。

7月4日(土)より公開中の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。アイアンマンこと戦う事業家トニー・スタークが開発した人工知能システムにより世界消滅の危機に。再びアベンジャーズが集結するという、アクション超大作。

大ヒット中の本作の公開とともに、六本木・泉ガーデンギャラリーでは、体感型エキシビジョン「アベンジャーズ200% ホットトイズ」が開催中。

ハイエンドでリアルなフィギュアを創り続けているホットトイズ。ハリウッドセレブや世界中の人々を魅了し続けるホットトイズが過去7年間で作り上げた「アベンジャーズ」1/6スケール関連フィギュアはなんと100点以上! そんな中から多数の人気フィギュア、日本未発表の最新プロトタイプ、そして特性のジオラマも展示されています。

大迫力で始まり、大迫力で終わる。そんなエキシビジョン「アベンジャーズ200%ホットトイズ」は7月20日まで六本木・泉ガーデンギャラリーで開催。1000平米の巨大会場でアベンジャーズワールドを体感できるのは残りわずか。この機会をお見逃しなく。

大迫力のハルクバスターに空いた口が塞がりません。

そしてAREA01「THE FIGURES」へ。ここに1/6スケール可動式フィギュアの数々が展示されています。


細部までリアルに再現されてあるフィギュアの数々に、ホットトイズの真の凄さを目の当たりにしました。


国内外の著名人とコラボした独創性溢れるアイアンマンが約40点も展示!


こんなトニー・スタークを観られるのは今だけ。

数々のフィギュアを楽しんだ後は、AREA2「THE MOVIE SETS」へ。ここでは実際の撮影で使用されたトニー・スタークの愛用車、そして豪華なリビングのセットも。

劇中のリビングルームでソーのムジョルニアにトニー・スタークが挑戦するシーンを自分の手で再現できる!

「選ばれし者」のみ持ち上げることのできるムジョルニア。体験コーナーで劇中のキャラクターと同じことに挑戦できると、まるでアベンジャーズの登場人物になれたような気分を味わえます。

AREA3「THE BATTLES」では、アイアン・マーク43、キャプテン・アメリカ、ソー、ウルトロン・プライムの等身大フィギュアが。

劇中で大迫力なアクションが印象的だったアイアンマンとハルクの激突シーンも展示されている。

キャプテン・アメリカのハーレー・ダビットソン「ストリート750」に乗る事も可能! キャプテン・アメリカになりきって写真撮影を楽しもう。

出口には来場者の熱い気持ちの手書きメッセージボードが。

▼リンク
アベンジャーズ200%ホットトイズ公式サイト
http://avengers200.jp/

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン公式サイト
http://marvel.disney.co.jp/home.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP