体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まったく新しい『ジュラシック・パーク』が作れた! もうすぐ公開の『ジュラシック・ワールド』監督&キャストが来日+会見をレポート。

まったく新しい『ジュラシック・パーク』が作れた! もうすぐ公開の『ジュラシック・ワールド』監督&キャストが来日+会見をレポート。

 『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作、『ジュラシック・ワールド』の公開がいよいよ8月5日に迫る中、コリン・トレボロウ監督、ヒロインのクレアを演じたブライス・ダラス・ハワードさん、クレアの甥のザック役ニック・ロビンソンさん。同じく甥のグレイ役タイ・シンプキンスくんが来日。撮影秘話や見所を語ってくれました。

●とりあえず、タイ・シンプキンスくん(13歳)が、かわいすぎる!

 タイ・シンプキンス。……誰!? という人も多いと思います。なんと生後3週から俳優デビューし、最近では『インシディアス』や『アイアンマン3』などの名子役として注目を浴びている少年です。
 記者会見冒頭、恥ずかしそうに日本語で「こんにちは!」と挨拶したタイくんに、とりあえず多くの女性記者は胸キュンしてしまったわけですが、初めての日本滞在となった今回、すでにディズニーランドや京都に足を運んでおり、日本を思い切り堪能してくれているようです。

 さて、そんなタイくんが撮影でもっとも苦労したのは、恐竜とはまったく関係ないシーンだったそう。実は高所恐怖症だというタイくん、滝の上からジャンプするシーンが一番苦労したそうです。

●コリン監督が明かす、恐竜たちの動きの秘密。

 今回の監督抜擢について、スピルバーグから直接連絡をもらったというコリン監督。「本当に作る意味があるのなら、続編を作りたいと言われました。彼は僕に最も一番影響を与えた人物。そんな人からの直々のオファーということで、彼のレガシーを引き継がなければならないと決心しました」
 コリン監督にとってのチャレンジは今までの作品の模倣をすることではなく、まったく新しい『ジュラシック・パーク』を作るということ。本作では、その意欲を達成できたと言います。

 また、シリーズ第一作『ジュラシック・パーク』から22年の歳月を経て、新しい技術も開発され、恐竜たちの質感や動きもよりリアルに再現できたそう。
「恐竜たちの動きは、人間がモーションキャプチャーで演じています。人が演じることで、実際に地球上にいる生物だということを実感してもえますし、より感情移入しやすくなっているとも思います」(コリン監督)

●ジュラシック・ワールドのアトラクション「ジャイロスフィア」は居心地が悪い!?

 劇中でザックとグレイが楽しむアトラクション「ジャイロスフィア」。360度透明で、恐竜をより近くで観察することができる乗り物。ですが、これ、コリン監督達がデザインし、実際に制作したものだとか。

 「CGではなく、2人が実際にこの乗り物に乗ってジャングルに入り、揺られたり、逆さまにされたり。そのリアルさによって、観客も感情移入できるのだと思います。」とコリン監督。
 そんなコリン監督自慢の乗り物に、「イケてる!」と大興奮で搭乗したというタイくん。ですが、実際に乗ってみると……「シートも固いし、クッションも全然柔らかくないし、正直、もう少しエアコン周りや椅子周り、どうにかできるんじゃないか?」と思ったそうです。

 でも、やっぱりカッコいいジャイロスフィア。すでに映画が公開されている海外では、子どもたちに大人気。子どもたちの「ジュラシック・ワールドに行ってみたい!」という声が、監督はとても嬉しかったそうです。

●日本語吹き替え版キャストも登場! 松岡茉優さんはタイくんに「初恋の人にあったような気分」、ブライスさんは木村さんを「美しい」と絶賛。

 その後、日本語版吹き替えを担当した玉木宏さん、木村佳乃さん、松岡茉優さんが登壇。
タイくんが演じたグレイ役の吹き替えを担当した松岡茉優さんは、今回声優初挑戦。
「2週間くらいタイくんの口元を見て勉強していたので、初めてタイくんに会ったときに初恋の人にあったような気分でドキドキしました」と松岡さん。
 それに対し「ちょっと不思議な気持ちです」と、マジ照れするタイくん。会場全体が微笑ましい雰囲気に包まれました。

DSC03743.JPG

松岡茉優さんは『あまちゃん』の入間しおり役でも知られる若手演技派。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy