ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『ニコニコ静画』地震被災地支援画像2400枚突破 『ドラゴンボール』鳥山明先生のイラストも届く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
toriyama.jpg

 『ニコニコ静画』で行われている東北地方太平洋沖地震の被災地支援のためのイラスト募集の取り組みで、『ニコニコ静画』ユーザーから既に2400件以上のイラストが寄せられている。その中には、『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』といった作品で有名な漫画家・鳥山明先生からのイラストも見られる。

『ニコニコ静画』では2011年3月13日から、東北地方太平洋沖地震の被災地支援のために、『ニコニコ動画』の各種サービスで行われている募金活動を告知することや、節電・二次災害防止等の啓蒙を目的として、イラストを募集している。受付開始から2日、既に2400件を超える作品が投稿され(3月15日23時現在)、イラストの一部は「チャリティ待受画面」として売上を全額被災地に寄付することを前提に、モバイルサイト【dwango.jp】で有料配信されている。

こうした取り組みに対して、『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』といった作品で有名な漫画家・鳥山明先生からのイラストも届いた(写真)。イラストには、「被災者のみなさん、本当に大変ですがどうか絶対に負けないでがんばってください!」という”鳥山明”署名入りメッセージも添えられており、『ニコニコ静画』ユーザーからは「すごい勇気が出た」「涙が出てきた」「これは本気で元気付けられる…!」といったコメントが書き込まれている。なお、このイラストも“チャリティ待受画像”の一つとして本日15日より有料配信が開始された。

『ニコニコ静画』には現在も多数のイラストが寄せられており、『ニコニコ静画』を通じた被災地支援の輪が着々と広がっている。

【関連サイト】
皆の想い被災者の方々へ届け!! ニコニコ静画
dwango.jp 着信音総合サイト

丹羽一臣

【関連記事】
「大人の千羽鶴始めましょ」 グラビアアイドルが地震被災者支援を呼びかけ
ニコニコ静画が「被災地支援イラスト」を募集
「自演乙」がニコニコ本社での募金に駆けつける

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。